YouTube Musicのプレイリストがアップグレード

Google Play Musicのユーザーを驚かせたのは、同社が音楽ビジネスの重きをYouTube Musicに置いていることです。機能の同等性を求めているユーザーもいますが、YouTube Musicは、SpotifyやApple Musicのようなより大きくて強力なライバルと同じ立場に立つための新機能、例えばプレイリストをよりダイナミックにし、より協調的なものにするなどの機能を次々と発表しています。

単純なプレイリスト作成からAIによる進化を遂げる

繰り返し再生する音楽やビデオのリストを、好きなようにグループ化して並べ替えただけのプレイリストの時代は終わったのかもしれません。何千もの曲と何百ものアーティストがオンラインで入手できるので、音楽の好みに合う新しい曲を見つけようとするだけでも大変なことになります。

そこでYouTube MusicのプレイリストはAIを使って改良されました。例えば、プレイリストを作成しているときに、プレイリスト名、すでにプレイリストに登録されている曲、音楽の好みに基づいて、最大7つの候補が表示されます。

プレイリストを常に変化させることも可能

友達やYouTube Musicユーザーと一緒に、リストを作成して共有できるので、自分でプレイリストを作成する必要はもうありません。さらに、新しいプレイリストのソーシャル機能はそれだけではありません。ユーザーの公開プレイリストを見て、興味があれば自分のプレイリストに追加することもできます。

固定プレイリストは好きではないという意見もあります。YouTube MusicのMixed for Youは、あなたの好みや興味に合ったと思うものに基づいて、常に変化するセレクションを提供します。また、ラジオが好きな方には、YouTube Musicのプログラムされたムード&ジャンルのプレイリストが、膨大なコレクションから適切な音楽を集め、適切なタイミングで曲を提供します。

コメント