マセラティ「MC20」発表 3.0L V6搭載 年末に生産開始

マセラティが新型スーパーカー「MC20」を発表。同社の新時代の幕開けとも言えるMC20は、「MC12」の後継モデルとして待望の登場を果たしました。630馬力のV6エンジンを搭載し、0-100km/hタイムは2.9秒以下です。

マセラティ「MC20」

3.0LのツインターボV6をミドシップ搭載し、730Nmのトルクを発揮。8速DCTが、そのパワーを後輪に送ります。

リミテッド・スリップ・セルフロック式メカニカル・ディファレンシャルを標準装備。電子デフもオプションで用意される予定です。

マセラティ「MC20」

最高速度は時速323kmを超えるとのこと。エンジンは社内設計で、カーボンを多用したことで3,300ポンド(約1,500kg)以下の車両重量を実現しています。

ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用し、フロントとリアにアンチロールバーを装着。オプションでノーズを高くするリフトシステムも用意されます。

マセラティ「MC20」

ブレーキはブレンボ製の固定キャリパーとフロントに6ピストン、リアに4ピストンを採用し、ベンチレーテッドディスクを装備しています。

スタイリングは期待を裏切りません。マセラティによれば、特徴的なバタフライドアは乗り降りのしやすさを最大限に引き出すため、機能的にも美的にもデザインされているとのこと。

エクステリアには、ダウンフォースのための小さなリアスポイラーがあるだけで、目を引くような派手なエアロパーツはほとんど見られません。マセラティによれば、これもすべては最初からこのクルマを設計したからだといいます。

MC20はクーペだけでなく、ハードトップのコンバーチブルも登場する可能性があります。

また、将来的には完全な電動化も計画されているようですが、残念ながら、すぐには実現しないでしょう。悔しい限りです。

マセラティ「MC20」

インテリアはいたってシンプル。

カーボンで覆われたセンターコンソールには、ドライブモードセレクター、スピードセレクターボタン、窓の操作スイッチ、ワイヤレスのスマートフォン充電器、マルチメディアコントロールが配置されています。

その他はすべてステアリングホイールに集約されており、左手にはエンジンスタートコントロール、右手にはローンチ・コントロールが配置されています。

ドライブモードは5つ用意され、GT、ウェット、スポーツ、コルサに加えて、電子制御をすべてオフにするESCオフモードがあります。

コネクテッドナビゲーション、WiFiホットスポット、Amazon Alexaとの連携、スマートフォンやスマートウォッチ用のアプリが用意されています。

ボディカラーは6色。

  • Bianco Audace
  • Giallo Genio
  • Rosso Vincente
  • Blu Infinito
  • Nero Enigma
  • Grigio Mistero

いずれも、ボディ下部のカーボンまたはブラックのパーツとの組み合わせとなります。また、マセラティのロゴも、よりシンプルなものに変更されました。

マセラティ「MC20」

MC20は、イタリアのヴィアーレ・チーロ・メノッティ(本社)工場の新しい生産ラインで製造されます。生産は年末に開始予定で、プレオーダーは本日から開始するとしています。

価格は、北米で21万(2,231万円)ドル以上になると予想されます。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント