Facebook上の写真や動画が直接Dropboxへ転送可能に

何年もFacebookを利用している方は、相当な量のコンテンツがアップロードされている可能性が高いでしょう。アカウントを放棄したり削除したりする前に、安全にコンテンツを保管することができます。Facebookは今年の初め、Google Photosに写真や動画をバックアップする機能を追加しています。今回さらに、DropboxとKoofrのサポートを追加しました。

Googleフォトと同じ機能を新しく2社でも提供

Facebookは10年以上前から何らかの形で存在しています。最初から利用しているユーザーは、次に進む準備ができているかもしれませんが、すべてのデータを手動でダウンロードするというのは気が遠くなるようなアイデアです。Facebookの写真転送ツールの拡大は、9月22日に予定されているデータポータビリティに関する米連邦取引委員会 (FTC) の公聴会に先立って行われました。

Facebookは最初にGoogleと提携し、ユーザーが画像や動画をFacebookから直接Google Photosアカウントに転送できるようにしました。今回Facebookは、EUに拠点を置くスタートアップ企業Koofrと人気のクラウドストレージ企業Dropboxと提携し、同じ機能を提供します。

新機能は既に利用が可能

新機能は2020年9月4日(日本時間)から利用可能になり、Facebookはデータポータビリティが「イノベーションを促進する」と説明しています。ただしこの機能は、Facebookのすべてのデータをダウンロードする機能とは異なります。Facebookのデータには、写真やビデオだけではなく、かなり多くのものが含まれており、並べ替えに時間がかかります。

むしろ、今年に入って公開されたGoogle Photosへの写真転送ツールを使えば、ユーザーはメディアを別のプラットフォームに迅速に移動し、ローカルデバイスにダウンロードしたり、別のサービスにアップロードしたりすることができます。DropboxとKoofrはどちらも写真転送ツールのオプションとして表示され、将来的には別の企業の追加も予定されています。

コメント