App StoreサブスクリプションオファーコードをiOS 14で提供

Appleがサブスクリプションをビジネスモデルとして、アプリ内購入よりも優先することはおそらくユーザーも承知の上でしょう。しかし、すべての人がそれを望んでいるとは限らず、特にサブスクリプションシステムの管理に関しては、一部の開発者は尻込みしているかもしれません。Appleはサブスクリプションモデルが開発者の生活を楽にしてくれると考え、無料または割引価格のプロモーションコードを使って利用者を増やす方法を提供するようです。

ユーザー維持のためにコードを発行

有料アプリにサブスクリプションモデルを採用するというAppleの取り組みは、ビジネスの観点からは理にかなっています。サブスクリプションは、1回限りの支払いではなく、より持続可能な長期的な収益源を開発者に提供し、多くの場合、ユーザーを長く維持するのに役立ちます。もちろん、Appleがサブスクリプションの仕組みから定期的に収入を得ることは問題ではありません。

ただし、多くのユーザーはサブスクリプションを敬遠し、既に定期購入しているユーザーでさえ、対象期間が過ぎた後に退会してしまうことがあります。そこでAppleは、オファーコードが加入者を惹きつけ、維持するのに非常に役立つと考えました。そのため、開発者がオンラインおよびオフラインのイベントでコードを簡単に提供できるようにしています。

今年中にiOS14にてロールアウト予定

Appleのサブスクリプションオファーコードシステムには、コードを引き換えるようにユーザーをリダイレクトする1回限りのURLが含まれます。Appleは、無料トライアル期間、従量制のプロモーション、6か月または12か月前払いの割引など、このようなオファーの例をいくつか示しています。

これらのコードを管理するためのAPIはiOS 14とiPadOS 14に組み込まれ、オファーコードのサポートは今年後半に展開される予定です。アプリのサブスクリプションは現在、Appleファンの間でも議論になっているトピックであり、一部の人は金銭の搾取だと考える一方で、開発者にアプリを定期的にアップデートするよう促すより良い方法だと考える人もいます。

コメント