Appleシリコン搭載の12インチMacBook発売か

業界関係者によると、Appleシリコンを搭載した初めてのMacBookが、12インチのRetinaディスプレイを採用し、2020年後半に登場する予定のようです。関係者らはさらに、Appleが2021年、独自のシリコンを搭載したiMacシステムをリリースする予定であり、このモデルにはApple独自のGPUハードウェアも搭載される可能性があると主張しています。

Retinaディスプレイ搭載で1キロ未満の軽量設計

The China Timesのサプライチェーン関係者からの情報で、この報道が事実であると仮定すると、Appleは12インチのRetinaディスプレイを搭載した新しいMacBookを年内に発売する可能性があります。また、Appleは2020年夏、Intelのハードウェアから独自のシリコンチップへの移行を発表しています。

記事によると、この12インチMacBookモデルは、コードネーム 「Tonga」 として開発が進められています。15時間から20時間のバッテリー持続時間を持ち、USB-C接続と2.2ポンド未満(1キロ未満)の超軽量設計を特徴とするといわれています。

iMacも新作リリースの準備中か

記事はさらに、AppleのA14Xチップは、台湾のTSMCが2020年末までに5nmプロセスを使用してハードウェアを大量生産する予定であると主張しています。TSMCは9月にHuawei用のモバイルプロセッサの製造を停止するようなので、その後釜に入る可能性があります。しかし、同社はこれらの主張についてコメントしていません。

また、同記事によると、シリコン搭載のMacBookに加えて、2021年にAppleが設計したCPUとGPUの両方を搭載する新しいiMacデスクトップコンピュータをリリースする準備を進めていると主張しています。関係者は、アップルが設計したGPUが現在の製品よりも高い電力と優れたワットあたりのパフォーマンスを提供すると主張しています。

コメント