GoProがサブスクリプションユーザー向けにライブストリーミングサービスを開始

GoProがアップデートです。GoProは独自のライブストリーミングビデオサービスを提供していましたが、サブスクリプションであるGoProPlusのユーザーは、GoProから高品質の動画をGoPro.com に簡単に配信可能になりました。新しいサービスはファームウェアアップデートともにリリースされ、ビデオにさらなる安定性をもたらし、高品質の動画がそのまま配信可能になりました。

GoProPlusユーザー向けの独自ライブストリーミングプラットフォーム

アップデートにより、GoProを高品質のWebカメラとしてカメラを使用でき、さらにGoProPlusのサービス内で高画質のライブストリーミング配信が可能になりました。「GoPro Plusのサブスクライバーに高品質でシンプルなライブストリーミングを提供できることを本当に嬉しく思います」と創設者兼CEOのNicholas Woodmanはコメントしました。ユーザーは、自分のライブストリームへの限定リンクを作成して他のユーザーと共有でき、FacebookのライブストリームビデオコンテンツやYouTubeなどを選択できます。

アクションカムがWebカメラの顔を持った日

2020年7月中旬、GoProは他のカメラメーカーに追随して自社製品の一部にウェブカメラサポートを導入しましたが、大きな制限がありました。当時はmacOSのみの対応に限られたため、Windowsユーザーは非公式の回避策をとる必要がありました。現在は対応されており、HERO8 Blackアクションカメラの最新のファームウェアアップデートで機能するようになっています。リリースはこちら

HERO8 Blackのユーザーは現在では、macOSに加えてWindowsでも利用可能です。macOSウェブカメラのサポートはプラットフォームで公式の扱いになり、macOSのベータ版をその役目を終えました。依然としてWindowsサポートは現在ベータ版のままですが、GoProウェブカメラデスクトップツールからアクセスできます。

GoProのファームウェアアップデート

この新機能に加えて、GoPro HERO8 Blackファームウェアアップデートは、HyperSmooth 2.0 Highおよびブースト機能により、ビデオにさらなる安定化をもたらします。このアップデートは、GoProPlusのライブストリーミングプラットフォームのリリースと同時に配信されます。HERO8 Black、MAX、またはHERO7 Blackを所有するGoPro Plusユーザーは、圧縮などの加工なしに高品質の動画を視聴者にそのまま共有できるようになります。

今回発表された機能に関するサポートドキュメントによると、これらのカメラモデルか、iOSまたはAndroidアプリを使用してライブストリーミングが可能とのことです。GoPro Plusサブスクリプションプランの価格は$ 4.99 /月(526円 2020年8月28日現在)です。

コメント