ワールド・カー・アワード2021 ノミネート車両一覧 日本車は?

ワールド・カー・アワード(WCA)2021が正式にスタートしました。ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)、ワールド・ラグジュアリー・カー、ワールド・パフォーマンス・カー、ワールド・アーバン・カー、ワールド・カー・デザインの各賞にノミネートされた車種リストが発表されました。

各賞のトップ3が決まるのが2021年3月2日、受賞車の発表は3月31日だ。

米SlashGearのヴィンセント・グエン編集長や、スラッシュギアジャパンの編集・動画コンテンツ担当のピーター・ライオン氏もWCAの審査員を務めています。昨年はキア(起亜)の「テルライド」が、マツダ「CX-30」とマツダ「3」を抑えて名誉あるWCOTYを受賞しました。

当然ながら、クルマを評価するためには試乗してみなければいけません。これから審査員による評価が始まりますが、WCA2021の各賞にノミネートされている車種は以下の通りです。

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)

シトロエン「C4」

本賞となるWCOTYにノミネートされたモデルは、小型車、クロスオーバー、EVなど興味深い組み合わせとなっています。

  • アウディ A3
  • BMW 2シリーズ グランクーペ
  • BMW 4シリーズ
  • シトロエン C4 / ë-C4
  • フォード エスケープ/クーガ
  • ジェネシス G80
  • ホンダe
  • ホンダ ジャズ/フィット
  • ヒュンダイ エラントラ/アバンテ
  • ヒュンダイ i10/グランドi10
  • ヒュンダイ i20
  • キア K5/オプティマ
  • キア ソレント
  • キア ソネット
  • マツダ MX-30
  • メルセデス・ベンツ GLA
  • 日産 ローグ/エクストレイル
  • セアト レオン
  • シュコダ オクタヴィア
  • トヨタ ハイランダー
  • トヨタ シエナ
  • トヨタ ヴェンザ/ハリアー
  • トヨタ ヤリス/ヤリスクロス
  • フォルクスワーゲン ID.4

注目すべきは「ホンダe」とフォルクスワーゲン「ID.4」です。前者は北米市場に未導入で、後者は生産を開始したばかりですが、2台のEVはすでに認知度が高く、ユーザーから期待されています。

ジェネシス「G80」は、当リストの中で唯一の高級車です。ヒュンダイ「エラントラ」、キア「K5」と並んで、韓国を代表するにふさわしいモデルと言えるでしょう。

ワールド・ラグジュアリー・カー(WLC)

アストンマーティン「DBX」

昨年のWLC受賞車は、ポルシェ「タイカン」でした。2021年に候補に挙がっているは、EV、FCV(燃料電池車)、高性能SUVとハイソサエティなリストになっています。

  • アストンマーティン DBX
  • BMW X6
  • ジェネシス GV80
  • ランドローバー ディフェンダー
  • ポールスター2
  • テスラ モデルY
  • トヨタ ミライ
  • ボルボ XC40リチャージP8 AWD

ポールスター「2」とテスラ「モデルY」は、環境に配慮した持続可能なインテリアで心の琴線に触れています。ジェネシス「GV80」は比較的手頃な価格設定も強みですが、アストンマーチン「DBX」を無視することもできません。

ワールド・アーバン・カー(WUC)

ホンダe

昨年はキア「ソウルEV」がWUCに輝きました。ミニ「エレクトリック」、フォルクスワーゲン「Tクロス」を抑えての受賞でした。どうやら今年は、日本車と韓国車の戦いとなるようです。

  • ホンダe
  • ホンダ ジャズ/フィット
  • ヒュンダイ i10/グランドi10
  • ヒュンダイ i20
  • キア ソネット
  • トヨタ ヤリス/ヤリスクロス

新型ホンダ「ジャズ(日本名:フィット)」は来年、北米市場から撤退します。注目されているのは、ホンダeです。ヴィンテージなスタイリング、実用的な広さ、航続距離は短いものの運転を楽しめるスタンスなど、クリーンに走れる街乗りモデルの真髄を体現しています。

ワールド・パフォーマンス・カー(WPC)

ポルシェ「911ターボ」

ここからが盛り上がりどころです。昨年、ポルシェ タイカンはその魅惑的なパフォーマンスで栄冠を手にしました。しかし、2021年のWPC賞のノミネート車種にはEVモデルが含まれていません。

  • アウディ RS Q3
  • アウディ RS Q8
  • BMW アルピナ XB7
  • BMW M2 CS
  • BMW X5 M/X6 M
  • ヒュンダイ ヴェロスターN
  • ミニ ジョン・クーパー・ワークスGP
  • メルセデスAMG GLS 63
  • ポルシェ 911ターボ
  • ポルシェ 718 GTS 4.0
  • トヨタ GRヤリス

メルセデスAMG「GLS 63」は、アウディ「RS Q8」、BMW「X5 M」、ポルシェ「911ターボ」と並んで賞賛に値するモデルです。しかし、目を奪われるのはトヨタ「GRヤリス」とヒュンダイ「ベロスターN」です。どちらもコンパクトハッチバックの性能を前例のない領域に引き上げています。

昨年のWCA2020の本賞WCOTYに輝いたキア「テルライド」

以上、各章のノミネート車両は2020年12月1日まで変更される可能性があります。WCA2021の対象となるには、2021年5月1日までに少なくとも2大陸の主要市場で販売されていることが条件となります。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント