AirPowerの開発中止理由を示唆した分解動画がリークされる

Appleがすでに発表された製品の開発中止を発表することは非常にまれであり、会社にとって大きなスキャンダルに相当します。2019年3月の雰囲気がまさにそれでした。AirPowerのワイヤレス充電マットが開発中止になった技術的な理由は明らかにされていませんが、プロトタイプとされていたものを分解した動画を見ると、当時予想されていた理論を確かめることができました。

開発中止の理由は公式には明らかにされていない

Appleは単に、AirPowerは最終的に高い基準を満たさなかったとしています。同社初のワイヤレス充電器となり得るものの開発に関する憶測やリークが何ヶ月も続いた後のことでした。これまでのところ、その中止の技術的な原因について公式に認められていませんが、インターネット上では以下の理論が噂されています。

それは、特にApple Watchがミックスに追加されたとき、Appleはワイヤレス充電マットの過熱問題を解決できなかったという理論です。AirPowerの特徴は、iPhoneやApple Watchをどこに置いても充電できることです。中国のあるサイトでは、なぜこれが問題なのかを明らかにする分解動画を公開しました。

動画からは複雑な構造がうかがえる

このAirPowerの内部には、14ものワイヤレス充電コイルが重なり合っており、マットの表面全体が電力の 「ホットスポット」 になるように設計されています。これは、残念なことに、充電により高い出力が必要なApple Watchがミックスに追加されたとき、不要な熱が発生することも意味しました。

リーク動画のため、このAirPowerとされるものが本物であるかはわかりませんが、ワイヤレス充電器の開発中止に関する一般的な理論に近いように見えます。このような動画がある一方で、AppleはA11 Bionicチップを搭載した新しいバージョンを開発中であるとも報じられています。

コメント