SONYの本気:ノイキャン&Bluetoothヘッドフォン「WH-1000XM4」が遂にリリース!

SONY WH-1000XM4の登場です。1つ前のWH-1000XM3の進化アップグレードで、遮音性と使いやすさが改善されています。一見、外付けのヘッドホンとさほど変わらないように見えるかもしれませんが、新しいWH-1000XM4は確かな生まれ変わりを感じさせます。SONY自慢のQN1ノイズキャンセルプロセッサと新しいBluetoothオーディオSoCをペアにしており、傑作と言っても過言ではありません。日本では9月4日発売予定です。

WH-1000XM4のアップデートと特徴

SONYによると、今回のWH-1000XM4は音楽と周囲のノイズの変化を毎秒700回以上追跡し、新しいアルゴリズムでリアルタイムのノイズキャンセリングを施します。それと同時に、SonyのEdge-AI DSEE Extreme DSPという、独自のファイル圧縮技術によってさらに高品質で立体的な体験を楽しめるようになりました。特に進化した点は使いやすさです。前作と同じように、右のイヤーカップに手を置くことでANCを一時的に減らすことができるクイックアテンションモードが作動します。これにより、再生中の音量が下がるので、例えば駅のアナウンスを聞いたり、同僚とチャットしたりする必要がある場合はなお便利です。周囲の音が聞こえるよう自動的に調整してくれるのです。

WH-1000XM4は利用者の発話を邪魔しません。話し始めると、WH-1000XM4が自身の声を認識し、自動的に再生を一時停止します。周囲の音がよりクリアに聞こえるようにアシストしてくれるのです。一方で30秒の間、何も喋らなかった場合には通常のモードに切り替わります。ちなみに、このヘッドフォンには合計5つのマイクがあり、新しいPrecise Voice Pickupテクノロジーと連携して通話品質を向上させます。また、話をしているときにANCは一時停止される設計です。ヘッドフォン左側のイヤーカップ内に、近接センサーが新しく追加され、1組の加速度計により、摩耗検出も追加されています。さらに、ヘッドフォンの脱着で自動的に音楽の一時停止と再開が制御されます。バッテリーの寿命は、ノイズキャンセルをオンにした場合と同じ30時間、またはオフにした場合38時間。USB-C充電器を使用すると、10分の給電で最大5時間の再生に耐えられます。

WH-1000XM3 との比較:2台のデバイスをBluetooth同時接続し自動切替

旧機種からの改善点はどうでしょう。WH-1000XM3では複数のデバイスのペアリングのサポートとその処理方法に課題がありました。WH-1000XM4は、2台のBluetoothデバイス(電話とラップトップPCなど)と同時にペアリングでき、必要に応じてインテリジェントに切り替え可能です。電話が鳴り始めると、ヘッドホンは自動的に接続を切り替えて応答してくれます。在宅勤務での利用シーンにばっちり応えてくれるでしょう。

もしくはヘッドフォン右側のイヤーカップのタッチパッドを使用して、Bluetoothの接続先を手動で切り替えることもでぎす。スワイプして音量とトラックスキップを制御したり、タップして再生/一時停止したりと自由自在。長押しすると、iPhoneのSiriやAndroidのGoogleアシスタントなど、選択した音声アシスタントが呼び出せます。Amazon AlexaとGoogleアシスタントにも対応しています。

Bluetoothの対応規格もアップデートされています。旧機種はBluetooth4.2に対応していましたが、今回Bluetooth 5.0をカバーしています。有線用の3.5 mmヘッドフォンケーブルに加えて、ダブルピン形式のアダプターも利用できます。ヘッドホン本体は約254グラムと、携帯性の高さがより一層期待されます。

日本では2020年9月4日から発売予定

WH-1000XM3とWH-1000XM4はかなり似ているのでユーザーがその違いをはっきり認識することはないかもしれません。外観も基本的には同じで、外装のマイクとSONYのロゴにメタリックなアクセントを加えています。もちろん利用時の快適さは犠牲にされていません。旧バージョンと新バージョンのANCパフォーマンスは今後比較する必要がありますが、まずはユーザーの定性的な反応を見てみるべきでしょう。WH-1000XM4は349.99ドル(約36,851円 2020年8月7日現在)で米国で発売開始となり、8月中旬に順次出荷されます。日本でも2020年8月7日に製品リリースがあり、発売は9月4日を予定しており、価格はオープンとなっています。

コメント