iOS 14とiPadOS 14のパブリックベータをいじりたい

AppleはiOS 14とiPadOS 14のパブリックベータをリリースしました。発表された機能は2020年6月に公開されていましたので、いよいよ実際に触ってみたくなります。もちろん「意図したとおりに機能するとは限らない」という但し書きがついています。このベータプログラムは誰でも簡単に申込が可能です。パブリックベータの内容を振り返り、今回どのような目玉があるのか見ていきましょう。

Appleのパブリックベータを振り返る

AppleがiOSのパブリックベータプログラムを開始してから5年が経過しました。その歴史はiOS 8.3にまでさかのぼります。開発者のベータ版と同様に、進行中のソフトウェアのより広範囲なテストを行う目的で誕生しました。最終リリースの前にできるだけバグを特定するのが理想とされています。

今回はどうでしょう。ベータ版ソフトウェアとはいえ、いじくり回したくなる機能がいくつかあります。iPhone側では、iOS 14は、カスタマイズ可能なウィジェットをサポートする新しいホーム画面を提供します。また、新しいSmart Stackウィジェットシステムもあります。何かというと、時刻などのに条件に応じて、表示されるメニューを賢くキュレートしてくれます。

2020年のパブリックベータの特徴

アプリライブラリはどうでしょうか。ライブラリではiPhone上のすべてのソフトウェアを1つの画面にまとめ、自動的にカテゴリを整理します。iOS 14の一貫したテーマの一つに「画面全体を単独サービス・機能が独占することなくその他の情報や機能にアクセスできるか」といったものがあります。新しいコンパクトコールUIや、再生中のビデオを画面で開いたり、あるいはFaceTimeのサポートが新たに含まれているのです。

一方、マップでは、サイクリングルートが表示され、電気自動車の機能が改善されています。Apple Mapsには、さまざまな都市や地域向けに専門的に書かれた新しいガイドも用意されているのです。

iPadOS 14では、iPadでの体験をラップトップPCのそれに近づけようとしています。ウィジェットの再設計やスマートスタックのサポートなど、新しいホーム画面のレイアウトもあり、アプリには新しいサイドバーとプルダウンメニューがあります。検索が改善され、macOS検索と同様に、入力時に結果を表示するフローティングバーが追加されました。

「手書き」はiPadOS 14の最大のウリです。Apple Pencilをテキスト入力に使用したり、手書き文字をタイプされたテキストに変換したり、テキストフィールドに書き込めます。ノートアプリの更新により、手書きのノートの検索が追加されました。デモプレビューは実に魅力的です。

パブリックベータに参加する方法

iOS 14およびiPadOS 14パブリックベータ版への参加は無料ですが、いくつか条件があります。バグが発生した場合にユーザーからのフィードバックが求められるのです。また、これは最新版のソフトウェアであるため、一部の不具合はほぼ避けられないので注意が必要です。初期のiOS 14およびiPadOS 14ベータ版にアクセスした開発者からのフィードバックは、今年までかなり前向きでしたが、もちろん問題が発生する可能性も残されています。もし自分の手元で問題が発生した場合には、iOS 14の発表を延期して欲しくなるかもしれませんが、そこは我慢です。このテストに参加したい場合はどうでしょう。iPhoneまたはiPadのいずれがあればプログラムに加われます。

コメント