カローラ初のSUVはいかに トヨタ新型カローラクロス初公開

トヨタが新型カローラクロスを発表しました。カローラにCH-Rをブレンドしたようなモデルです(それともその逆でしょうか?)。カローラクロスはタイで発表され、同国で販売が開始されています。トヨタによると、他の市場でもすぐに展開されるといいます。

精悍かつアクティブ。落ち着きのある都市型SUV。

「カローラクロスが新たにカローラファミリーの一員となった今、私たちは、お客様がパートナーや兄弟、あるいは友人のように、このクルマが家族の一員となることを温かく迎え入れてくれることを心から願っています」

カローラクロスのチーフエンジニア、亀山大三氏はこのように語っています。

カローラシリーズの安全技術「トヨタセーフティセンス」を標準装備。

今のところ具体的な詳細は不明ですが、プラットフォームにTNGA-Cを採用していることが分かっています。プリウスやCH-R、レクサスUX、そしてもちろん新型カローラスポーツおよびセダンと共有されています。

新型カローラクロスは、フロントグリルが大きく開き、ヘッドライトがスリムなデザインになっていることから、そのデザインはマツダCX-5にも少し似ています。

ワイドで安定感のあるデザインを採用。

当然のことながら、ホイールベースはCH-Rと同じ2,640mmですが、サイズ的にはCH-RとRAV4の間に収まります。

全長は4,460mm、全幅は1,825mm。カローラセダンより全長は短く、全幅は広くなっています。全高は1,620mmと、セダンに比べてわずかに背が高くなっています。

運転席は見晴らしがよく、死角の少ない設計に。

カローラセダンよりも短いにもかかわらず、広々とした車内空間、クラストップレベルのラゲッジスペース、そして実用性の向上が謳われています。

「カローラクロスは、お客様にとって大切な人、荷物、将来の夢をクルマに乗せて、新たなストーリーを創造するお手伝いができればと思います」と亀山氏。

頭上のヘッドクリアランスも十分に確保。

ASEAN市場のカローラクロスは、トヨタの2ZR-FBE 1.8L 4気筒エンジンを搭載し、最高出力140馬力/最大トルク175Nmを発揮。トランスミッションはCVT、前輪駆動となっています。

もちろん、ハイブリッドの設定もあります。

カローラクロスハイブリッドでは、72馬力と162Nmのトルクを生み出す600Vの電気モーターを採用。98馬力と142Nmのトルクを持つ1.8Lエンジンと組み合わせます。

合計出力122馬力を発揮するハイブリッドには、「スーパーCVT-i」という電気式無段階変速機が搭載されています。

トランク容量は487L(スペアタイヤ搭載で440L)。

先進のマルチリンク・リアサスペンションを備えたカローラハイブリッドとは異なり、クロスでは標準的なトーションビームが採用されました。ただ、大型で柔らかいブッシュを採用することで、快適な乗り心地を実現しているとのこと。

日本への導入は未定ですが、先日発表されたヤリスクロスの販売状況なども見て判断されると思われます。日本で発売されれば、トヨタのSUVラインナップは非常に強固なものになるでしょう。

実寸以上に堂々とした印象を与えるスタイリング。

さて、あなたはどう思いますか?新型トヨタ・カローラクロスは好きですか?

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント