iphone 12(仮)の最新リークをこっそり紹介

Appleの次期iPhone(以下仮称iphone 12)は、現在進行中のCOVID-19(新型コロナウイルス)のパンデミックの影響で発売が遅れるか、供給が限られるという噂があります。しかし、もし一連のリークが本当なら、Appleの最新かつ最高の製品を買う余裕のある人たちにとっては、待つだけの価値はあるかもしれません。最新のリークによると、iPhone 12のProモデルには、以前からあったLiDARセンサーの噂とともに、iPhoneとiPad Proの差を縮めるようなProMotion機能が搭載されるかもしれません。

120 Hzのリフレッシュレートでスムーズな操作性

Android搭載の携帯電話メーカーは、120 Hzや90 Hzなど、リフレッシュレートが急激に高くなっています。通常はゲーム向けですが、Appleは2017年以来、このような高リフレッシュレートの画面をiPad Proに採用しています。ProMotionディスプレイテクノロジとして販売されているこの機能は、ウェブページの閲覧などをよりスムーズにし、もたつきを軽減すると評価されています。

それが6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proモデルに搭載されると最新のリークは伝えています。iPhone 12 Proは状況に応じて120Hzと通常の60Hzを動的に切り替え、バッテリー持続時間を長持ちさせるようです。

カメラも改良され、LiDARによるAR機能も強化

リーク情報ではカメラの大幅な改良についても語られており、その中でも特に、オートフォーカスとポートレートモードの改善に役立つLiDAR(光を使って物体との距離を認識する機能)について触れられています。低光量での撮影と光学3倍ズームでは、スマートフォンとは思えない写真が撮れ、ユーザーを喜ばせることでしょう。前面のカメラには、iPhone 12で改良されたFace IDが搭載され、小さなノッチにもかかわらず、より広い画角を実現しそうです。

iPhone 12 Pro は確かに機能満載のように聞こえますが、今年のiPhoneが5Gネットワークをサポートする最初の機種になるとすれば、バッテリー寿命はさらに短くなるでしょう。もちろんAppleはできる限りバッテリーを長持ちさせようとするでしょうが、バッテリー容量を増やさずにできることは限られています。

コメント