ESAとNASAが約50年の時を経てアポロ17号の月のサンプルを分析中

欧州宇宙機関(以下ESA)は、NASAと協力して、1970年代初頭のアポロ17号のミッション中に月の地滑りから収集したサンプルの分析を支援していることを明らかにしました。この作業は、サンプルの収集時に利用できなかった技術を使用して月の側面に光を当て、このサンプルの収集と保管の方法がサンプルの保存に効果的であったかどうかを判断するのに役立ちます。

ESAは、2週間ほど前にこの取り組みに関するNASAとの作業の詳細を説明し、アポロ17号の月のサンプルの一部がすでに開封されており、近い将来に残りのサンプルを開封する計画があることを説明しました。サンプルは、1972年に月のトーラスリトローバレーの地滑りから、具体的には地滑りによって引き起こされたであろう「突起した」堆積物から収集されました。

サンプルを取得するために、宇宙飛行士は70cmのシリンダーを表面に打ち込んで、材料のコアを引き出しました。月面にいる間、宇宙飛行士はこのコアを2つの異なるサンプルに分割しました。サンプルの下半分はコンテナーに真空密封され、地球に返送され、さらに安全のために別の真空コンテナーに二重密封されました。

コアサンプルの下半分は、水素や二酸化炭素などの揮発性物質が含まれている可能性があると考えられています。これは、これらのガスを密閉するのに十分に冷たい月面下領域に到達した可能性が高いためです。 NASA Astromaterialsキュレーションチームは、収集から数十年の間、保管されたサンプルの責任者でした。

この取り組みの一環として、ESAは、アポロサンプルの高度な分析のためのコンソーシアムの元でNASAのApollo Next-Generation Sample Analysis(ANGSA)プログラムに取り組んでいるエンジニアと科学者がいると述べています。 ESAによると、ESAリサーチフェローのフランチェスカ・マクドナルド氏は、コアサンプルの上半分をサブサンプルに分割するために、12月にジョンソン宇宙センターを訪れました。

今後、宇宙機関は、そのチームがANGSAの専門家と協力して、コアサンプルの下半分が最終的に開かれたときに放出される可能性のあるガスを捕捉できる新しいツールの設計を支援すると述べています。結果のデータは、月面で何が起こっているか、特に地滑りが起こった原因を明らかにするのに役立ちます。

コメント