NASAがひも解く移住可能な遠く離れた 「第二の地球」とは

米航空宇宙局 (NASA) は数年前から、生命が存在する可能性のある地球型惑星 「太陽系外惑星」 の探索に取り組んできました。NASAはこれらの惑星の膨大なリストを持っており、そのうちのいくつかは他の候補よりも興味深いものもあります。そのような太陽系外惑星の1つがケプラー1649 cです。地球から約300光年離れた赤色矮星ケプラー1649の軌道の距離にあり、新たに発表されたこの惑星が話題になっています。

NASAは数多くの移住候補惑星リストを持っている

NASAはこれまでに発見した多くの太陽系外惑星についてさまざまなことを教えてくれましたが、まだまだ解明すべきことがたくさん残っています。これらの惑星は、その星からの光の検出に基づいて知られていることが多く、惑星が天体の前を通過すると一時的に消えます。

NASAは、太陽系外惑星について学んだことをもとに、惑星やその環境がどのような環境かを描いたアーティストの作品を公開するかもしれません。新しいKepler-1649 cの画像(高解像度版)もそうだということです。

今後はどのように遠く離れた惑星を調査するかがカギに

太陽系外惑星はこの星の居住可能な領域にあるため、この惑星の水は液体とのことです(もちろん、太陽系外惑星に水があると仮定して)。この太陽系外惑星は、ケプラー計画で発見されたものの中で、少なくとも温度と大きさの点で地球に最も近いとされています。

コンセプト画像では、地球の山地によく似た風景が描かれており、植物のない山のようなものと、雲が大きく広がっています。しかし、この太陽系外惑星が実際にこのように見えるかどうかは不明で、NASAはまだこのような遠く離れた地球に似た植物を近くで調査することができていません。

コメント