年々強くなるハリケーン。過去のデータから明らかに

最近の研究によると、ハリケーンの規模が強くなっており、気候変動が原因ではないか、というデータが明らかになりました。今回の発見は、米ウィスコンシン大学マディソン校とNOAAの国立環境情報センターの科学者たちによるものです。同大学によると、約40年間のハリケーン衛星画像がこの研究に使われ、同様の嵐の激化を発見した過去の研究を基にしているということです。

過去40年分のハリケーン・データからわかるもの

同大学によると、この研究の主著者であるJames Kossin氏は、2013年にこのテーマに関する研究を発表し、ハリケーンの強さの増加傾向は28年間のデータに基づいていると述べています。今回の結果は、約40年間のデータに基づいており、世界のほぼすべての地域でハリケーンがより強い持続的最大風を発達させていることが分かりました。

今回の研究では、1979年までさかのぼった世界的なハリケーン・データを対象としていますが、技術は時とともに変化するため、各年のデータにはばらつきがあり、研究者は最新の技術を用いてデータを統一されたデータセットに変換する必要がありました。Kossin氏は調査結果について次のように述べています。

この結果は、これらの嵐が地球および地域レベルでより強くなっていることを示し、これはハリケーンが地球温暖化にどのように対応するかの期待と一致する。これは前進に向けた良い一歩であり、地球温暖化がハリケーンをより強力にしてきたという我々の確信を増すものであるが、我々の結果は、どれだけの傾向が人間の活動によって引き起こされているのか、どれだけが自然の変動性にすぎないのかを正確には教えてくれません。

今後はさらに巨大なハリケーンが予想される

今回の研究は、今月初めに発表されたNOAAの論文と同様のもので、熱帯低気圧と気候変動の影響を詳述しています。同庁によると、年間の平均サイクロン数はここ数十年変化していませんが、温暖化の影響を受けているという。

科学者によると、自然の変動性は、ハリケーンの発生場所のこの変化を説明することができません。その代わりに、粒子状物質による汚染、火山の噴火、温室効果ガスが組み合わさって、熱帯低気圧のパターンが変化しています。研究者たちは、2100年までにこれらのハリケーンは減少するが、実際に発生するハリケーンは著しく強力になると予想しています

コメント