火星の巨大な地形形成は、溶岩ではなく泥だった可能性

火星の表面は、地球上での火山から見られるような溶岩のようなものが幾重にも流れたような何かで覆われています。これらの流れは何でできているのかという疑問が研究者たちの中に残っていました。—それらは溶岩の結果なのか、それとも他の何かなのでしょうか?イギリスのランカスター大学からの新しい研究は、火星で遥か昔に起こった大規模な洪水を指摘して、問題を解決しました。

新しい研究によると、火星のこれらの溶岩のような地形は泥とそれが火星の環境と相互作用するユニークな方法によって作成されたようです。泥が大きなプールに広がる地球とは異なり、研究者たちは、それが一種の「積み重なる」ことを発見し、中央のプール領域から抜け出す狭い、丸みを帯びた道筋を形成したことを発見しました。

上の映像は、地球の環境と火星の環境をシミュレートしたチャンバーを使用してこの泥の動きをシミュレートしたヨーロッパの研究を示しています。火星をシミュレートするために低圧と極寒の両方の温度が使用され、自由に流れる泥が地球上のシミュレートされた泥流と比較して非常に異なる結果をもたらしました。

大学によれば、これらの地形は、地球上で記録された最大の洪水に似た大規模な洪水によって形成された可能性があり、火星の表面に巨大な水路をエッチングしました。これらの洪水は水を火星の地下に浸透させたでしょう。その水は、その後、凍った地殻の破裂から泥として現れた可能性があります。泥は急速に凍り、独自の氷のような地殻を形成し、地形を作り出します。

研究によると、これと同じプロセスは、セレスのような惑星でスパイされたフォーメーションで説明できるかもしれません。研究者はまだ、ローバーを火星のこれらのフロースポットの1つにナビゲートしていません。つまり、それらが何で構成されているのかはまだ定かではありません。

コメント