シンガポールの公園でソーシャルディスタンスを監視するロボット犬

距離を保つため、または絶対に必要でない限り屋内にとどまるように警告に注意することはたくさんありますが、特に周囲にあまり人がいない場合は、それほど注意を払わないかもしれません。ソーシャルディスタンスの規制を実施するための人材の不足を考慮して、シンガポールはロボット工学に目を向け、彼ら自身や他の人々が抱えるリスクについて頼っています。しかし、問題は、ボストン・ダイナミクスの人気なのに不人気な4本足のロボットは、効果的なツールになるかと思いきや、皮肉にも、代わりにより多くの人を引き寄せるだけの様です。

ボストン・ダイナミクスは何年もの間ロボットを作成してきましたが、それらのどれもおそらくほとんどの人がしているロボットのイメージと一致しません。「Spot」でさえ、4足歩行ロボットで犬っぽいのに、どことなく気持ちの悪い感じが一部の人々を不安にさせることで知られています。ただ、それは人間の親友のようには見えないかもしれませんが、それは間違いなく命を救うのに役立ちます。

シンガポールでは、四足歩行ロボットを使用して、オフピーク時にBishan-Ang Mo Kio Parkの3 kmのセクションを実際に監視しています。その目的は主に公園の利用者にソーシャルディスタンス促すことですが、リアルタイムのビデオフィードにより、公園当局は周囲を監視し、必要に応じて人を数えることさえできます。政府は、カメラが顔を認識できず、個人データが収集されないことを保証しています。

Spotをリモートで制御できるため、公園の要員を危険な状況に置く必要がなくなります。とはいえ、ロボットはその物体検出機能と障害物回避機能ですでに知られています。また、通常の車輪付きロボットとは異なり、Spotは公園によくある不均一な地形をより簡単にナビゲートできます。

2週間の実験が成功した場合、他のSpotはピーク時にも他の公園に配置される予定です。とはいえ、うまくいけば、それはセンセーションにはならず、逆に人々を引き寄せて、ソーシャルディスタンスに違反することになりかねます。チャンギエキシビションセンターの隔離施設でもSpotロボットが使用されており、遠隔で患者に薬を届けることができます。

コメント