オレンジジュースで肥満が抑止できる可能性が

新しい研究によると、オレンジに含まれる化合物が肥満関連の疾患を発症するリスクを減らすことがわりました。研究者たちは、高脂肪および高コレステロールの食事を摂取している場合でも、毎日十分なオレンジジュースを飲むと、結果として肥満を抑える影響を与える可能性があることを発見しました。この有益な化合物は、動脈のプラークの量を減らすことも発見されました。

オレンジに含まれる有益な化合物は、ノビレチンと呼ばれます。それは柑橘類の果皮に見られるフラボノイドであり、その一部は皮をむいた後、果実に残ります。ウェスタンオンタリオ大学の新しい研究によると、この分子は肥満、糖尿病、心臓病をカバーする多くの潜在的な健康上に利点があるとしています。

研究者によると、この分子が肥満を「逆転」させるのに必要なオレンジジュースは1日2杯半ほどだと。マウスの実験では、動脈のプラークの蓄積を逆転させることができたと研究者らは述べています。高脂肪および高コレステロールの餌を与えられたマウスは、同じ餌を与えられたがノビレチンのないマウスと比較して、インスリン抵抗性が低く、体が細いことがわかりました。

これらの効果の出るこの分子をどのように生成するかは明らかではありませんが、研究者は、ノビレチンが脂肪燃焼によって生じるエネルギー量を増やすことで機能し、「脂肪の製造」を妨げる可能性があることを説明しています。

もちろん、現時点では、ノビレチンがマウスだけでなく、人間にも同じ効果が出るのかという大きな問題が残っています。将来的にこの研究が実証されれば、あまり苦労せずに肥満を減らすのに役立つ有望な治療法である可能性があります。

コメント