Alfa Romeoから540hpのモンスターセダンが誕生「Giulia GTA/GTAm」

Alfa Romeoが歴史的なビッグネームを復活させようとしています。同社のセダンモデル「Giulia」をベースに、540hpにパワーアップした2.9L ツインターボV6エンジンを搭載した「Giulia GTA」、そして本格的なレース仕様の「Giulia GTAm」を発表しました。Alfa Romeoのブランド設立110周年を記念して作られたGiulia GTAは、1965年の名車Gran Turismo Alleggerita(グランツーリズモ・アレジェリータ)をモチーフにしています。今回は、イタリアンスポーツを体現するような2台のスポーツセダンをご紹介します。

徹底的な軽量化 GTAmは2人乗り

各部に軽量なカーボン素材を採用。バンパー形状やリアウィングも空力に特化した形状としている。

Gulia GTAとGTAm。2台が目指したのは、かつての名車と同じ軽量化です。ドライブシャフト、ボンネット、ルーフ、フロントバンパー、ホイールアーチにカーボンファイバーを使用したことにより、約100kgの軽量化が実現しました。

同時にエンジンのチューンアップも行っています。Alfa Romeoのエンジニアは、ベースとなる510hpの2.9L ツインターボエンジンを、540hpまで絞り出しました。チタンのAkrapovi(アクラポビッチ)製エキゾーストシステムも導入され、サウンドの満足感も高めています。

ドアのハンドルに注目。金属ではなく、赤いベルトに交換されている。

Giulia GTAは、ある程度の実用性を求める人に最適な車です。Alfa Romeoは、ダッシュボード、ドアパネル、グローブボックス、サイドピラー、シートのセンタートリムにアルカンタラレザーを使用。マットカーボンも随所に配置することで内装の質感を高めています。 ベースとなったGiuliaの最上級グレード「Quadrifoglio」と同様に4人乗り仕様です。

リアのドアを開けても、そこに座席はない。アルカンタラで覆われたスペースに、ロールバーと消火器が設置されているだけだ。

Giulia GTAmでは、なんと2人乗り仕様になります。フロントには、Sabelt(サベルト)製6点式シートベルトを備えるスポーツシートを設置。空力性能を高めるため、リアウイングやフロントスプリッタが大型化しました。リアとサイドの窓には、ガラスの代わりにレキサン樹脂が使用されており、重量の軽減に役立っています。また、後部座席は取り外されてロールバーが設けられています。アルカンタラを敷き詰めた空きスペースには、ヘルメットと消火器が用意されました。

Alfa Romeoはドアの内張を撤去し、ドアハンドルもベルトに取り換えました。市販車とは思えないほど、GTAよりもさらに徹底した軽量化が図られています。

この過激なシートを見る限り、市販車であるとは少々信じがたい。だがアルカンタラを多用した内装は質感高め。

どちらのモデルも、特別仕様のサイドスカート、スポイラー、可変フロントスプリッタを装備しています。20インチのセンターロックホイールも使用しているほか、前輪と後輪のタイヤ幅はノーマルモデルより50mm広くなっています。足回りは新設計のスプリング、ショックアブソーバ、ブッシュを採用。スポーツドライブに最適な設定となっています。

イタリアンスポーツの代名詞

ちゃんと公道を走れるようになっているので、自宅を出発してそのままサーキットに乗り入れることができる。

ノーマルモデルのGiulia Quadrifoglioは、停止状態から3.8秒で時速60マイル(96km/h)に達しますが、GTAおよびGTAmの詳しい性能については明らかにされていません。ただ、パワーウェイトレシオ(重量出力比)は約2.8kg/hpと、素晴らしい数値を実現したようです。

Giulia GTAとGiulia GTAmは500台の限定生産となります。価格は未発表ですが、幸運なオーナーはこの車とともに、ヘルメット、スーツ、グローブ、シューズを含むAlpinestarsのフルレーシングセット、そしてGoodwoolの特製カーカバーを手に入れることができます。

初代Giulia GTAにインスパイアされた2台のスポーツセダン。再び長く語り継がれる名車となるのでしょうか。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント