Google Wear OS、新たなヘルスケアコンテンツを追加か

Googleが提供するスマートウォッチ向けのOS「Wear OS」が、ヘルスケアに焦点を当てたアップデートをする可能性が明らかになりました。情報はGoogleユーザーエクスペリエンスリサーチから。どうやらGoogleは、Wear OSにどのようなヘルスケアコンテンツを追加するのか調査を行っているようです。

ユーザーに対してヘルスケアコンテンツの調査を実施

Googleが提供するWear OSを搭載したスマートウォッチは種類が豊富ですが、市場のシェアを見るとApple Watchに大きく遅れを取っています。なぜなら、Apple Watchは命を救うようなヘルスケアコンテンツをサポートしているからです。もちろん、Wear OSにもヘルスケアコンテンツはありますが、どれも基本的なものばかりです。

そこで、GoogleはWear OSに新たなヘルスケアコンテンツを追加するための調査を行っています。ユーザーの意見を聞くユーザーエクスペリエンスリサーチに、Wear OSに新しく追加するヘルスケアコンテンツの質問項目を設け、中には血中酸素レベル睡眠時無呼吸不規則な心拍リズムの検出など特徴的な質問もあります。

Googleは昨年、フィットネス用のスマートウォッチをリリースしているFitbitを買収しています。そのことからも、 Wear OS に特徴的なヘルスケアコンテンツを追加することで、スマートウォッチ市場で生き残ろうと画策していることがわかります。

コメント