スターバックス、春の新メニューに人工肉サンドイッチを追加。カナダから提供開始

コーヒーチェーンのスターバックスは、今年の春からカナダで人工肉を使用したサンドイッチの提供を始めると発表しました。人工肉の製造・開発を行っているBeyond Meat(ビヨンド・ミート)から人工肉を調達するようです。Beyond Meatはマクドナルドに人工肉を提供していることで知られています。

スターバックスは人工肉メニューを追加

植物性由来の人工肉は、気候変動や動物性タンパク質の取り過ぎによる健康問題への懸念が広がる中、食肉の代用品として多くの注目を集めています。すでに、競合他社であるバーガーキングは、人工肉を使用したハンバーガー「インポッシブル・ワッパー」を全米で展開しています。

今回、スターバックスは人工肉のソーセージを使用したサンドイッチメニューの提供を開始すると発表しました。今年の春からカナダのスターバックスで展開されるようです。人工肉の調達は、人工肉の製造・開発を行っているBeyond Meatから。Beyond Meatはマクドナルドと共同で、人工肉ハンバーガーのテストをしていることで知られています。

人工肉サンドイッチは日本人の舌を唸らせるか

人工肉サンドイッチの価格などの詳細は、春の新メニュー発表に合わせて公開されるようです。日本で展開するかは不明ですが、バーガーキングはインポッシブル・ワッパーの日本展開を計画しています。

日本は食に対して並々ならぬこだわりを持つ国として知られています。人工肉サンドイッチが日本人の舌を唸らせられるのか、今から楽しみです。

コメント