アメリカ心臓協会が砂糖税について素晴らしいと評価。その理由とは?

米心臓病協会 (AHA) によると、炭酸飲料などの砂糖製品に加算される砂糖税は、医療業界を含む公衆衛生にとってとても素晴らしいと評価しています。同組織は、コンピューターモデルを用いて、砂糖の含有量や全体の量などに基づくものを含め、さまざまな種類の砂糖税の潜在的な利益を評価し、いくつかの選択肢が他の選択肢よりも優れていることがわかりました。

なぜ砂糖税が必要に?

特定の製品に 「砂糖税」 を課すということは、抑圧的で欲張りなものだと批判されています。しかし、過去の研究では、わずかな砂糖税が、砂糖の消費量を減らす効果的な方法であることがわかっています。

これは、個人の健康と公衆衛生の両方にとって重要です。アイスクリーム、ソーダ、フルーツジュース、キャンディーなどから過剰に精製された糖を摂取することは、特定のがんの発生率の増加、糖尿病リスク、血管障害、視覚障害、心臓病など、多くの健康問題と関連しています。

精製された砂糖を大量に消費することによって引き起こされる、本来であれば予防可能な病気は、あなたが住んでいる場所に応じて、公共医療費を増加させ、税金と保険料を引き上げます。このような理由から、砂糖税は多くの地域で受け入れられてきたが、まだまだ議論の余地があります。

もっとも良い選択肢は?

米国心臓協会はコンピューター・モデルを使って、炭酸飲料やジュースなどの飲料に適用される3種類の砂糖税を評価しました。砂糖の含有量に関係なくオンス数に基づいて税率を調整する「ボリューム」、砂糖の使用量に応じて税率を調整する「ティアード」、そして製品自体の大きさに関係なく、砂糖のティースプーン1杯あたりの税率を一律にする「固定」です。

砂糖税を導入している米国の州は、砂糖の含有量に関係なく、飲料1オンス当たり0.01ドルの税のようなものを適用して、最初のオプションのみを使用しています。AHAは3つの選択肢すべてが公衆衛生を改善し、医療費を削減するとしていますが、2つの選択肢の方がより効果的である。1オンス当たりの均一税率ではなく、砂糖の全体的なレベルに基づく段階的な税と、製品に含まれる砂糖の量に基づく糖分税です。

本研究の共同主著者であるYujin Lee博士は次のように述べている

圧倒的な証拠が、食品価格が購買決定に大きな影響を与えることを裏付けています。砂糖入り飲料への課税は消費者の選択に影響を与え、消費を減らす。米国の都市は、砂糖入り飲料に数量税を導入しました。しかし、著者らの調査結果は、段階的な固定糖含量税が最良であることを示唆しており、消費者の摂取量を減らすと同時に、メーカーが製品の糖含量を減らすための再処方を奨励しています。

コメント