遅い時間の食事は代謝障害や2型糖尿病の発症リスクの可能性を高める事が明らかに

最近の研究によると、夜遅くに夕食を食べる習慣がある人は、早い時間に食べた場合よりも脂肪を燃焼していない可能性があります。しかし、これは単なるダイエットの観点や体重減少の問題ではなく、研究者らは、夜間の食事も代謝機能障害や2型糖尿病を発症するリスクを高める可能性があることを発見しました。

Journal of Clinical Endocrinology&Metabolismに発表された新しい研究によると、夕食を遅い時間に食べると血糖値が高くなり、体重が増える可能性があるそうです。今回の研究結果は、代謝の問題と1時間後の食事との間に関連性があることを示した過去の研究に基づいています。

この場合、遅い夕食は就寝時刻に合わせて食べる必要があるようです。たとえば、午後10時に就寝する人は、午前0時に就寝する人よりも早く食べる必要があります。この研究では、午後11時に就寝した成人20人を対象としました。

午後6時と午後10時に夕食を摂ったときの効果を、採血や体脂肪検査などのさまざまな方法で測定したところ、遅い夕食の場合は、早い時間に摂ったときよりも血糖値が高く、脂肪の燃焼が少なかったこの影響は、被験者が2回とも同じ食事を摂取した場合に認められました

本研究の著者であるChenjuan Gu医学博士は次のように説明しています

遅い夕食後のピーク血糖値は平均して約18%高く、一晩で燃焼した脂肪量は早い夕食に比べて約10%減少しました。この研究で見られた効果は、すでに代謝が低下している肥満や糖尿病の人でより顕著かもしれません。

コメント