対コレストロール薬が腸内細菌に与える良い影響とは

最近発表された研究で、一般的なコレステロール低下薬と健康な腸内細菌との間に 「明確な関連性」 が詳述されています。この発見の詳細はさらなる研究が必要ではありますが、本研究は、ある種の薬物療法が、腸内細菌の環境が悪い人にとって有用な予防的治療であり、様々な症状を軽減または予防するのに役立つ有益な効果をもたらす可能性があることを示しています。

今回の新たな研究は、スウェーデンのイェーテボリ大学が実施したもので、研究者らは腸内細菌と心血管疾患との潜在的な関連性を調査しました。研究チームは2,000人以上のヨーロッパの成人のデータを分析し、有益な腸内細菌が少ない人を 「Bact 2」 と分類しました。

腸内細菌とその保護的健康効果に関する過去の研究で示されているように、この研究では、 「Bact 2」 グループに属する人々は、より特定の条件、例えば過敏性腸疾患や多発性硬化症のような自己免疫と炎症状態に陥りやすいと指摘しています。研究チームは、研究対象の肥満患者の18%がBact 2であったのに対し、正常体重の成人では4%のみが同じカテゴリーに分類されたことに注目しました。

注目すべきは、研究者らは、高コレステロール値を低下させる治療法であるスタチン療法を受けた参加者の腸内細菌の健康状態が改善し、 「Bact 2」 に分類された人の数が減少したことを発見しました。それが変化を引き起こす薬物であるかどうかを実証するためにはさらなる研究が必要でありますが、この発見は腸内微生物叢を標的とする潜在的な新しい予防薬の可能性を示しています。

この研究の著者の一人であるFredrikBäckhed教授は次のように説明しています。

この研究は因果関係を示すものではありませんが、十分に確立されて臨床的に使用されている薬剤がどのように腸内細菌叢を変化させるかを見るのは興味深い。スタチンが腸内の細菌に直接作用するのか、あるいはこれらの薬剤が腸と免疫細胞の両方に作用して微生物叢の変化を助けるのかは、時がたてば明らかになるでしょう。

コメント