脂肪燃焼細胞の発見は肥満治療の常識を覆す可能性

米バージニア工科大学の研究によると、筋肉を失ったり、食事の量に影響を与えたりすることなく、体が燃やす脂肪の量を増やすことができる細胞の発見を紹介しています。研究者らによると、この細胞は肥満や2型糖尿病治療に道を開くものであり、この細胞がインスリン抵抗性も低下させることを発見したということです。

夢のやせ薬?

この研究は先月、著名な科学雑誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に発表された。本研究は、小さなミトコンドリアアンカプラーであるBAM 15が、肥満、2型糖尿病、および脂肪肝疾患のような代謝機能障害に関連する広範な問題に関連する2つの要因である体脂肪およびインスリン抵抗性を減少させるという発見を詳しく説明しています。

簡単に言うと、BAM 15のようなミトコンドリアアンカプラーは、細胞に必要以上のエネルギーを燃焼させ脂肪を燃やします。Webster Santos教授は、「ミトコンドリアアンカプラーは、細胞がより多く呼吸をするのを助けるためにミトコンドリアに運ばれる小さな細胞の事です。その効果としては、細胞内の代謝を変化させ、運動をしなくてもより多くのカロリーを消費できるようになる。」と説明しました。

現在は人間に使えるように調整中

実験用マウスを用いて、BAM 15の毒性と安全性を検証した結果、BAM 15は毒性がなく、被験者が通常よりも満腹感を感じるか空腹感を感じるかに影響を及ぼさないことがわかりました。通常の量の餌を食べている間、この細胞を与えられたマウスはまだ体脂肪を減らし、しかも体温に変化がありませんでした

研究者たちは、BAM 15に関連した数百の細胞を生成し、ヒトでより良い結果が得られるよう調整している。この細胞が脂肪燃焼に効果を発揮するには、体内に長くとどまる必要があるが、研究者らはこれを最終的な人間への治療法として発展させることを目指しています

コメント