スバル クロストレック(XV)に大型エンジンを搭載か

スバルが北米で販売するクロストレック(日本名:XV)の2021年モデルが発表されました。詳細は現時点では明らかにされていませんが、新しく「スポーツ」グレードが設定されます。おそらくベースの2.0L 水平対向4気筒エンジンに加え、より大きな2.5Lバージョンが採用されるものと考えられます。

どうやら、この2.5Lエンジンはアウトバックに搭載されているものと同じで、最高出力182馬力/最大トルク240Nmを発揮する可能性があります。現行の2.0Lエンジン(152馬力)よりもパワフルで、上位のスポーツグレードにふさわしいのではないでしょうか。

スバル クロストレックは、同クラスで最も汎用性の高いコンパクトSUVのひとつです。インプレッサと共有するスバル グローバルプラットフォームをベースに、低重心化と100%の剛性アップを実現。ソリッドなドライブフィーリングと楽しさに大きく貢献しています。

しかし、クロストレックの最大の不満は見た目ではなく(実際には見た目だと答える人も多い)、エンジンのパワー不足です。標準の2.0L 水平対向4気筒が生み出す152馬力では決して不十分というわけではありませんが、プラットフォームはより強力なパワートレインに耐えうるだけの剛性を持っています。大自然の中を駆け抜けるときに欲しいのは、デザインではなくパワーではないでしょうか。

現在、トランスミッションにはリニアトロニックCVTとともに6速MTも設定されていますが、2.5L エンジンでもMTが設定されるどうかは不明です。日本仕様のXVではCVTしか設定がないのですが、スポーツグレードとともにぜひラインナップに加えてほしいところです。

STIとまでは言いませんが、運転する楽しさをクロストレック(XV)でも味わいたいと思っている人も多いのではないでしょうか。スバルは2021年モデルのクロストレックについて、近日中に詳細を発表する予定です。

林 汰久也

愛知県在住 27歳。ハウスメーカーの営業を経て、IT企業のメディア事業に参画。記事制作ディレクターとして店舗紹介記事などの制作に携わる。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。

コメント