致命的な心臓病の原因となる睡眠の質の悪さ

睡眠の質が悪いと、その後の人生で深刻な心臓病にかかりやすくなるかもしれないと、警告しています。研究者らは、慢性的な睡眠の問題とそれが心臓の健康に及ぼす影響を調査し、不規則な睡眠をとる人は慢性的な炎症を経験し、アテローム性動脈硬化症を発症することを発見しました。早期に発見され治療しなければ、死に至る可能性があるとのことです。

心臓と睡眠のカンケイ

米カリフォルニア大学バークレー校の研究では、睡眠の質の乱れや断片化、動脈内のプラークの蓄積が関連していることがわかりました。研究者らによると、この2つを結びつける鍵は慢性的な循環性炎症であり、動脈内に蓄積するプラークの量を増加させます。

心臓病は多くの国で最も死亡率の高い病気です。その結果、リスク因子、予防的な生活習慣の変化の可能性、治療法の選択肢を探る多くの研究が行われています。心臓病の予防は一般的に食事の改善と関連しているが、最近の研究では、睡眠の質を改善することも心血管の健康に不可欠であることがわかりました。

本研究の筆頭著者であるRaphael Vallat氏は、「我々の知る限りでは、これらのデータはヒトにおける睡眠断片化、炎症およびアテローム性動脈硬化症を関連付ける初めての研究です。」と述べています

本研究はアテローム性動脈硬化症の多民族研究から抽出した約1,600人の成人に関するデータを含んでいます。研究者らは、睡眠障害や高リスクの生活習慣因子などを統計モデル化して管理することで、睡眠の断片化、慢性炎症、動脈プラークの蓄積の増加が明らかに関連していることを発見した。

研究者らによると、この発見は公衆衛生にとって重要であるという。閉塞した動脈はサイレントキラーとして知られており、動脈が突然ふさがって緊急事態が発生するまで、過剰なプラークの蓄積を検出するのは困難です。

毎日決まった時間にベッドへ行く事が最も重要

このプラークの蓄積過程は、特にリスクの高い人では、成人期の初期に始まります。肥満、喫煙、バランスの悪い食事、運動不足など、食事や生活習慣の要因が心臓病を発症する可能性を高めます

睡眠の質が断片化しているかどうかは、どうやって見分けるのでしょうか。睡眠の質が断片化しているかどうかを見分ける方法はいくつかありますが、最も極端な場合は、一晩に何度も目が覚めてしまうので、自覚している場合が多いでしょう。アップルウォッチなど、睡眠トラッカーはこの問題のモニタリングに有効であり、一般的な睡眠トラッカーは、精度はそこまで良くはないとはいえ、参考程度にはちょうど良いとの事です。

夜間の劣悪な環境を含め、多くの環境問題が睡眠の断片化を引き起こす可能性があります。耳栓をしたり、部屋の環境を調整したりすると、状況が改善されることがあります。また、睡眠時無呼吸のような状態が頻繁に微小覚醒を引き起こすこともあります。過去の研究でも、一貫した就寝時刻が健康にとって重要であることが分かっています

コメント