Google+はGoogle Currentsにリブランド:7月に企業向けSNSとして再スタート

Google+は完全に終息を迎え、Google Currentsとして生まれ変わります。実は2019年からGoogle+は名称変更がされるとGoogleは発表していました。この時点ですでに一般ユーザ向けのGoogle+のサービスは終了し、法人向けのG Suite内での提供に限定される予定でした。今回の発表ではこのGoogle+のリブランドが明らかにされたのです。

振るわなかったGoogleのSNS

Google+は昨年の4月にその役目の大半を終えていましたが、その一方で法人利用の間ではGoogle+も全く存在感がないわけではありませんでした。そのためGoogleはCurrentsのブランド(かつては電子雑誌アプリがその名で提供されていた)を復活させGoogle+の後継と位置づけたのです。お披露目は2020年7月6日に予定されています。見方を変えればGoogle+に最後を見届ける日でもあるのです。

あらゆる領域にサービスを展開していたGoogleではありますが、ことSNSに関してはうまくいってなかったと振り返るべきでしょう。巨大なインターネットのなかにソーシャルネットワークを形成する試みは、Googleにとってほぼ完全な失敗だったかもしれません。FacebookやTwitterのようなメジャーなSNSとして世の中で広く使われなかったのは誰もが認めるところでしょう。

Google CurrentsはGoogle+を乗り越えるか

Googleがサービス名を新たにするとき、ほぼ必ずコンテンツの移行に注目が集まります。Google+のコンテンツは自動的に新しいGoogle Currentsのほうに移行されるので安心です。バージョンの古いGoogle+のモバイルアプリはサポートされなくなると同時に、Google+のURLは自動的にカレンツのほうにリダイレクトされます。ユーザがすべきは新しいモバイルアプリへのアップデートのみですから、これ以外は必要ありません。

Google+があまりイケてるSNSでなかったといっても、G Suiteのユーザの間ではある程度のシェアがありました。おそらく今後はかつてのSNSの焼き増しに止まらず、従業員エンゲージメントやそれに関連するコンセプトを盛り込んだ形でアップデートがもたらされると考えられます。リモートワークがより浸透してきた昨今において、従業員のロイヤリティをいかに高めるかはあらゆる企業の関心となっています。その手段としてGoogle Currentsはどれほどの存在感を見せるのか、今後に期待です。

コメント