放し飼いや飼われているニワトリに触れるのは今後辞めた方が良いかも

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は食中毒防止のために、よく歌を歌って注意喚起をしているそうです。寄り添ったり、キスをしたり、そうした愛情をニワトリに注ぐのをやめましょう。このメッセージは過去に何度も繰り返し説かれており、いずれも汚染された水や食物から感染することが最も多い細菌性疾患であるサルモネラ菌の集団発生に関連しています。サルモネラ菌はニワトリにもよく見られるが、農家にとっても問題です。

意外なニワトリの害

米国疾病予防管理センターは今週水曜日、 「裏庭の鶏」 と称したサルモネラ菌や、また別の発生に関する警告を発しました。サルモネラ菌はヒナやアヒルからも感染します。

今回のアウトブレイクは28の州にまたがって、97人が感染しており、その約3分の1は5歳未満でした。このアウトブレイクに関連した死亡例はまだ報告されていませんが、CDCの警告があった時点で合計17人が入院していました。

この病気の症状は感染後6日以内に現れることがあり、胃けいれん、下痢、発熱などがみられます。カモやニワトリなどの家禽は、無害に見えますが、サルモネラ感染症の原因となる細菌を保有しています。

子供の発症は危険が伴うため、一層の注意が必要

CDCは、ニワトリを飼っている農家に対し、鳥を衛生的な状態に保ち、病気から守るために、キスをしたり、他の方法で鳥と寄り添ったりしないようにすることを推奨しています。

CDCによると、5歳未満の子どもも発症の危険性が高いため、鳥やその環境に近づかないようにし、家禽やその環境に触れた後は手を十分に洗い、飼育場で歩くための靴を別に用意しておくべきだということです。

コメント