任天堂の16万アカウントもの「ニンテンドーネットワークID」の不正ログインが発生

4月上旬より、Nintendo Switchのユーザーが、他の誰かがニンテンドーアカウントを使用して不正なログインを試みたという、なりすましの報告がありました。4月24日に、任天堂はこの問題について沈黙を破り、約16万ものアカウントがこのような不正なログインの影響を受けていると発表しました。それを念頭に置いて、任天堂は任天堂アカウントのログインの仕組みを変えていきます。

任天堂のサポートサイトの記事によると、これらの不正なログインはニンテンドーネットワークID(以下NNID)と関係があるようです。 ニンテンドーアカウントがSwitchに登場する前は、3DSやWii UなどのデバイスにNNIDが使用されていました。そしてSwitchユーザーは、NNIDを使用してニンテンドーアカウントにログインすることができました。今回よりそのNNIDを経由してのニンテンドーアカウントにログインする機能を廃止しました。

任天堂は、この影響を受けたニンテンドーアカウントとNNIDのパスワードを順次リセットしていくと述べています。アカウントにアクセスしたユーザーに通知し、次にユーザーがニンテンドーアカウントにログインするときに、パスワードを変更するように求められます。強力なパスワードを作成する標準的なルールがここに適用されます。他のログインで既に使用されているパスワードを使用しないでください。可能な場合はパスワードマネージャー等を使用し、二段階認証を有効にしてアカウントの安全性を維持してください。

任天堂によると、クレジットカード情報は直接見ることはできなかったとのことですが、保存されている支払い情報が不正な購入に使用される可能性があります。任天堂は、ユーザーが購入履歴を調べて確認する必要があると言い、そこにあるはずのない購入を見つけた場合は、任天堂に連絡してキャンセルする必要があると述べています。

任天堂はこの問題に取り組んでいるようですが、不正なログインに苦しんでいる16万アカウントは依然としてかなり深刻です。NNIDに登録されている、名前(ニックネーム)、生年月日、性別、国/地域、メールアドレスが第三者に閲覧された可能性のある情報としています。任天堂がニンテンドーネットワークIDとニンテンドーアカウントの問題を整理して、このような問題が再発しないことを願っています。

コメント