2020年はマリオにとって大きな年になるでしょう

赤いトップスにデニムのオーバーオール、赤い帽子にお髭で有名なあの方が今年35歳になります。任天堂の大人気キャラクター、マリオにとって2020年は大きな節目になるようです。マリオのフランチャイズが35歳になり、任天堂は大きなお祝いを計画しているようです。新しいレポートによると、任天堂は2020年にスイッチ用の新旧のマリオゲームをリリースし、シリーズで最も愛されているゲームのいくつかを今また作るようです。

ビデオゲームクロニクル(VGC)が最初にこのニュースを報告しました。EUROGAMERGematsuは、それぞれの情報源と話した後、この報告を裏付けています。 VGCは、任天堂は「スーパーマリオの35年のバックカタログの大部分を、今年はNintendo Switch向けにリマスターして再リリースする計画を明らかにする」と語っています。

GematsuとEUROGAMERは、この再リリースにはスーパーマリオ64、スーパーマリオサンシャイン、そして、スーパーマリオギャラクシーのHDリマスターが含まれることを後に確認しました。 2013年にWii U向けに最初にリリースされたスーパーマリオ3Dワールドの「デラックス」バージョンも表示されました。任天堂は、新しいスーパーマリオブラザーズUやマリオカート8など、多くのゲームにデラックスな扱いをしました。その中のWii Uタイトルがスイッチに持ち込まれました。

任天堂の計画には「いくつかの新しいタイトル」も含まれているようですが、特に名前が付けられているのは新しいペーパーマリオタイトルだけです。これがペーパーマリオのフォームへの復帰となるのか、それともシリーズのRPGルーツであるスーパーペーパーマリオまたはペーパーマリオ:ステッカースターから離れ続けるのかはまだ不明です。

VGCによると、任天堂は当初、これらの再リリースと新しいゲームを今年のE3 2020に発表することを計画していましたが、そのイベントがキャンセルされたため、いつ確認が得られるかはわかりません。任天堂は、E3 2020が行われる頃にニンテンドーダイレクトを引き続きホストする可能性が高いので、これらのゲームが完全に明らかになることを期待しています。

いつものように、ニンテンドーから来るまで何も確認できなく、詳細がわかり次第お知らせしますので、しばらくお待ちください。

コメント