2021年モデルのホンダ「インサイト」北米デビュー:新色と安全装備充実

2021年モデルのホンダ「インサイト(Insight)」の良い点のひとつは、従来のセダンと変わらない3BOXのスタイルであることです。どの角度から見ても、インサイトは一般的なファミリーセダンであり、人目につかないのが好きな人には朗報といえます。ホンダは北米において、2021年モデルのインサイトを前年モデルとほとんど変えずにリリースしていますが、「EX」グレードと「Touring」グレードには現在、クロストラフィックモニター付きのブラインドスポットインフォメーションが装備されています。

また、新しい北米仕様のホンダ インサイトは、新色の「ラディアントレッドメタリック(radiant red metallic)」が設定されています。ベースグレードの「LX」は23,885ドル(約257万円)からで、Bluetooth接続に対応したベーシックな5インチのインフォテイメントディスプレイ、LEDヘッドライト、プッシュスタートボタン、そしてバックカメラがついています。

EXにアップグレードすると、25,765ドル(約278万円)になります。Apple CarPlayとAndroid Auto対応の大きくてより鮮明な8インチのインフォテイメントディスプレイ、8スピーカのオーディオシステム、分割可倒式のリアシートを手に入れることができます。一方、上位グレードのTouringの価格は29,795ドル(約321万円)からで、10スピーカーのオーディオシステム、ナビゲーション、Wi-Fi接続、デュアルゾーンエアコン、サンルーフ、レザーシートが備わります。

ホンダの安全運転支援システムHonda Sensing(ホンダ センシング)は全グレードに標準装備されていますが、これまでのバージョンにはブラインドスポットモニターがありませんでした。2021年モデルのEXとTouringでは、ブラインドスポットと後退発進アシストを備えています。その他、Honda Sensingには衝突緩和ブレーキ、路外逸脱抑制機能、アダプティブクルーズコントロール、および車線維持アシストが含まれます。

パワートレインは、小型の電気モーターと1.5L 4気筒エンジンが組み合わされたハイブリッドシステムです。システムの合計出力は151馬力。ガソリンエンジンは主に電気モーターを動かす発電機として機能しますが、前輪を直接高速で駆動することもできます。このため、インサイトは55/49/52mpg(市街地・高速・複合)のEPA燃費基準を容易に達成しています。

北米仕様の2021年モデル ホンダ インサイトは、インディアナ州にあるホンダのグリーンズバーグ自動車工場でのみ製造されています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント