マリオカートのモバイルアプリが横向き画面に対応

マリオカートツアーは、人気シリーズ 「マリオカート」 のモバイル版です。ユーザーはついに、待ちに待った方法でプレイできるようになりました。

当初は片手でのプレイを重視

このアプリがAndroidとiOSでリリースされたのは昨年で、多くの期待が寄せられていました。しかし残念ながら、マリオカートの体験をモバイルデバイスで行えるとは言えないような使用感でした。確かに、このシリーズで知られているようなトラックは使われていましたが、任天堂のモバイルフレンドリー化の試みは逆効果だったようです。

具体的には、任天堂はマリオカートツアーのコントロールを単純化し、片手でもプレイできるようにしました。スマートフォンを縦向きに持ち、左右にスワイプして方向を変えたり、タップしてアイテムを使用したりできます。つまり、かつて人気のあったエンドレスランナーゲームのコントロールスタイルをカーレースのジャンルに取り入れたのです。

ついに画面を横にしてプレイが可能に

プレイヤーの反応は満足とは言い難いものでした。縦画面では運転席に座っているような感覚はあまり感じられません。そして今ついに、プレイヤーがプレイ方法を選択できる時が来たようです。これはおそらくリリース後すぐに行うべきだったアップデートかもしれませんが、ついに横向きでプレイできるようになりました。

任天堂もアップデートが遅かったかもしれないと悟っているようです。報道によると、ゲーム業界の大手である同社は、評判と利益が芳しくなかったため、モバイルゲーム事業を縮小しているそうです。マリオカートツアーが何かを示唆しているとすれば、それはおそらく任天堂がモバイルゲームへの関心が薄いことかもしれません。

コメント