ホンダ・シビッククーペ 廃止 フィットも北米市場から撤退 

ホンダファンの皆さん、良いニュースと悪いニュースがあります。11代目となる次世代シビックは2021年にデビューする見込みですが、北米専売のクーペが廃止されるほか、コンパクトカーのフィットも北米市場から撤退することになりました。ホンダのラインナップに変化が起きています。

ホンダ・フィットは現在、日本で第4世代(GR系)が販売されており、欧州への導入も始まっています。しかし、北米では先代(GK系)の2020年モデルを最後に廃止されることになりました。

ホンダ・フィット(第3世代)

理由は簡単です。ホンダの稼ぎ頭ともいえるシビックハッチバックとHR-Vが、フィットから売り上げを奪っているのです。ホンダはフィットの廃止に伴ってHR-Vの生産を急いでいます。

ホンダは、2019年のHR-Vの販売は19%増加したと発表しており、コロナウイルスの感染拡大が続いているにもかかわらず、堅調に推移しています。

また、影の薄かったクラリティEVも2021年に廃止されます。クラリティEVは、PHEVのパワートレインをEVに置き換えたセダンで、電気モーター1基と25.5kWhのバッテリーを搭載し、走行距離はわずか143kmしかありません。なぜ、ホンダがこのEVを導入したのかは謎です。

ホンダ・シビックハッチバック

北米専売のお手頃なシビック「Si」も一旦廃止されますが、2022年の新型には再び設定されるとのこと。ただし、2ドアのシビッククーペは2020年モデルをもって生産を終了します。

一方で、シビックハッチバックは好調な販売を見せており、2021年以降も継続するといいます。ホンダによると、シビックハッチバックの販売台数は2016年から24%増となっていますが、クーペは同期間で16%から6%に減少しています。

シビックタイプRは今夏のマイナーチェンジ後も継続し、その後登場する新型の11代目シビックにも設定されるでしょう。新型シビックは次世代グローバルプラットフォームが採用されるはずです。

ホンダ・シビックタイプR

新型では現行モデルよりもすっきりとしたフォルムになると予想され、174馬力以上の1.5L 直列4気筒ターボエンジンを搭載するでしょう。新型シビックは2021年春にデビュー予定です。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント