FordのMustang Mach-Eの初回予約が完売

昨今は電気自動車の予約が殺到しており、2021年のFord Mustang Mach-Eは、生粋の車好きは名前に納得しないかもしれませんが、ファンが少ないわけではありません。この自動車メーカーの電動SUVの5つのトリムのうち1つは、生産が始まる前に予約が完売しました。

Fordは、2020年後半にMustang Mach-Eの初回版とプレミアム版を発売するようです。2021年の初めにはSelectとCalifornia Route 1 エディションが登場する予定。最終的に、2021年後半にこれらの中で最も性能が高いMustang Mach-E GTが発売される予定になっています。

初回版の性能をご紹介

初回版は限定版と説明されていて、新たに予約しようとする人はそのトリムを選ぶことはできません。Fordの広報担当者は、初回版の予約が実際に米国で完売されていることを認めましたが、具体的に何台生産されるかは明らかにしませんでした。

限定版のトリムは、前輪駆動とFordのExtended Range batteryの単一構成で提供されます。これは、1回の充電で270マイルの走行が可能で、332馬力と417lb-ftのトルクが得られる計算です。FordはMustang Mach-Eの初回版は5秒で0-60 mphになると見積もっています。また、赤色に塗られたブレーキキャリバーに加え、内部にはコントラストシートステッチや金属製のペダルカバーが搭載されています。それ以外はプレミアム版と同じ性能です。

Fordは初回版の生産台数を明らかにしていないので、これが実際にどれほどのマイルストーンになるかを述べるのは時期尚早です。生産台数の上限は約5万台。Fordはリチウムイオン電池の供給などの制約が足を引っ張ります。

それでも、Mach-E SUVが「本物」のマスタングになれるかどうかをめぐる論争を考えると、この車への関心は高そうです。すべての予約(500ドル)が実際の販売に結びつくわけではなく、料金は全額返金されます。実際の注文は2020年後半に行われ、生産に近づく予定です。

まとめ

Fordはロサンゼルス・オートショーの前に事を初めたかもしれないが、TeslaはCybertruckの発表でそれに続きました。これは2021年までは製造されないと予想されていますが、Teslaはすでに100ドルでの予約を受けつけています。これも全額返金が可能で、プレースホルダーがフルオーダーに変わる保証はありません。

一方、Fiskerは同日、完全な電気自動車であるOcean SUVの予約を開始しました。Fiskerは先行購入を希望している人向けに販売するが、リース中心のアプローチを採用しています。

コメント