ベントレーは超高級なW12オープンツアラーを発表

通常のベントレーでは満足できないユーザーに応えて、英国の高級車メーカーはさらに印象的な限定モデルを発表しました。ベントレーはすでに、パフォーマンスクーペや第3世代のコンチネンタルGT、大型ツアラーのセダンであるフライングスパーをラインナップしていますが、ミュリナー部門の特注能力を発揮するいい機会になるでしょう。

ベントレーのミュリナー部門とは?

ミュリナーは事実上、ベントレーの個人委託部門であり、いくつかの自動車メーカーの特徴的で珍しい車を担当しているコーチビルディングスペシャリストです。ここ数年、ミュリナーはカスタムカラーやファブリック、素材、その他のトリムに重点を置いてきました。

しかし、ミュリナーはより野心的なプロジェクトに挑戦するようです。例えば、エリザベス2世女王のために特別に作られたベントレー・ステート・リムジンはミュリナーの手仕事だ。2台だけ生産され、より長く、より広く開くドア、装甲ボディワーク、そして英国の君主が車内から見えるように高さを調節できるリアシートなどの特徴を備えています。

ミュリナーは次のプロジェクトへ

ミュリナーの次のプロジェクトはよりスポーティーなモデルになりそうです。噂によると、同部門は「究極のオープン・コックピット・スポーツ・ツアラー」と言われているものに取り組んでいて、オートカーの情報筋は、同社が2019年に創立百周年を記念して制作したBentley EXP100GTコンセプトからヒントを得ていると伝えています。現段階では正式に確認されていないが、ベントレーの首脳陣はこの車を使って、同社がいかに上手く裕福な顧客を満足させられるか考えているようです。

ベントレーは、将来のロードマップにおけるEXP100GTコンセプトの役割について考えてきました。4人乗りのこの車は、単なるスタイリングの練習だけではなく、同社の職人たちが新しいレザー処理や3D木彫り、そして様々な予想外の素材など、自分たちができることを実演する機会です。

こだわり抜いた材質の内装

例えば、EXP100GTの木材は、自然の泥炭湿地や湖、川にある樹齢5000年以上の木が使われています。ワイン産業の副産物は人工皮革の製造に使われ、ヴィーガン向けのインテリアオプションを求めるベントレーのユーザーの声に応えています。

当時、ミュリナーはこれらの材料やその他の材料をカスタムプロジェクトで提供する方法を模索していると述べていて、このオープントップカーはその例の1つだと考えられます。

しかし、EXP100GTは電気駆動システムを備えないでしょう。ベントレーは、今後数年のうちにすべての主要シリーズで電気自動車を製造することを約束していますが、このミュリナーモデルは、6.0リットルW12ガスエンジンを搭載すると予想されています。

トップレスの屋根を搭載

このツアラーには、さらにパフォーマンスを高めるチューニングがされる可能性も十分あります。これには、「運転の感覚を拡張する」というベントレーの目標のひとつであるトップレスが含まれるといわれています。現に、同じくイギリスのマクラーレンは今月、オープントップ限定版のエルバ(170万ドル)を発表し、さらにフロントガラスをオプションにしました。

まとめ

ミュリナーは合計で12台しか製造されないと考えられており、ベントレーは既に同社のロイヤリストクライアントと、このツアラーの契約を結ぼうとしています。プロジェクトが進めば、幸運なオーナーは一人あたり150万ポンド(2億2000万円くらい)を支払い、2021年から乗車することができます。

コメント