450馬力/650Nmのスープラ:マンハート「GR 450」発表

ドイツに拠点を置くマンハート・パフォーマンス(Manhart Performance)が、トヨタ「スープラGR」を過激にチューニングしたモデルを公開しました。この車両は「マンハート スープラGR 450」と呼ばれています。純正スープラからの最も大きな変更点の1つは、340馬力/500Nmのパワーを大幅に引き上げことです。

チューニング後のスペックは、最高出力450馬力/最大トルク650Nm。このパワーアップは、MHtronikパワーボックスやECUリマップ(ソフトウェア改良)、バルブコントロール付きのステンレス製リアサイレンサーなどを装備したことで得られました。また、エキゾーストパイプをブラック仕上げまたはカーボンファイバーから選べるようになっています。

また、輸出用の300セル触媒コンバーターや、マンハート製ダウンパイプなどのオプションも用意されています。モータースポーツ用として、触媒コンバーターなしのオプションも設定。エンジンのパワーアップとともに、H&R製のロワリングスプリングや、自社チューニングによるKWバリアント3 コイルオーバーサスペンションなどを採用し、ハンドリング向上も図っています。

ブラックボディにストライプを入れているほか、大経アルミホイール「コンケーブ・ワン(Concave One)」など、マンハートらしい装飾が施されています。このホイールはダイヤモンドポリッシュ仕上げで、サイズはフロントが9J×20、リアが10.5J×20。カラーは、グロッシーブラックとマットブラックの2色が用意されています。

タイヤサイズはフロントが265/30 ZR20、リアが285/30 ZR20です。また、マンハートによれば、エミュレーターコントロールモジュールも用意されているとのこと。このモジュールには、エキゾースト用の「デリートR(Delete-R)」と「バルブコントロール(Valve Control)」の2種類があります。ステアリングのボタンを操作してバルブを切り替え、エキゾーストサウンドを調整することが可能です。

マンハートは主にBMWをカスタムしており、昨年スープラの兄弟車である「Z4」のチューニングカーを発表しました。スープラのカスタムモデルは多く存在しますが、ドイツ流チューニングカーの世界も覗いてみたいものです。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント