あなたの誕生日にハッブル宇宙望遠鏡は宇宙で何を見た?

NASAは、ハッブル宇宙望遠鏡30周年を記念して、あなたの誕生日や記念日の宇宙の写真を閲覧できる特設ページを公開しました。1990年の打ち上げ以来ハッブル宇宙望遠鏡は過去30年間、毎日欠かすことなく宇宙の写真を撮影してきました。撮影された写真の大半は、一般の人の目に触れることなく、NASAや科学界によって観察、分析に使用されています。

特設ページには「ハッブルは1日24時間、週7日、宇宙を探査しています。つまり、あなたの誕生日を含め、1年中、魅力的な宇宙の不思議を観測しているということです。あなたの誕生日にハッブル宇宙望遠は何を見たでしょう?」とのメッセージが記載され、「SELECT MONTH」で月を、「SELECT DATE」で日を選択し、「SUBMIT」ボタンをクリックすると、ハッブル宇宙望遠鏡がその月日に撮影した画像と撮影日、そして画像に関する簡単な説明が表示されます。説明文右上にある「See Full Image」をクリックすると、フル画像が、「More info」をクリックすると画像の詳細説明が表示されます。

例えば、本日、4月17日を選択すると2011年4月17日に撮影された銀河団Abell 2261の画像が表示されます。表示される画像は、ハッブル宇宙望遠鏡がこれまでに撮影した膨大な数の画像からNASAによって選出された最高の1枚です。

ハッブル宇宙望遠ウェブサイトでは他にもハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像を見ることができます。新型コロナウイルス感染者の増加を受けて緊急事態宣言が全国に拡大され、外出自粛生活が続き窮屈な思いをしている人は、広大な宇宙に目を向けて気を紛らわせてみてはいかがでしょうか。

コメント