2019年グリーンランドで記録的に氷が減った原因は、異常に澄んだ空だった

2019年は、グリーンランドの氷床で記録上最悪の年の1つに挙げられています。年間で、数千億トンの氷床が溶けて無くなったのです。新しい研究によると、信じられないほどの氷の損失は、気温の上昇だけで引き起こされたのではありません。この研究では、グリーンランドの氷の喪失に大きく関わった別の要因があることがわかりました。

この研究は、2019年の氷塊の急速な減少に大きく関わった大気の循環パターンを指摘しています。この研究に参加した研究者は、衛星データ、地上測定、気候モデルを使用して、2019年の夏の氷床の変化を分析しました。発見した研究者によると、2019年は、氷の融解による流出量が2番目に多いのに対し、1948年に記録が開始されて以来、表面物質収支の低下が最大でした。

表面の物質収支では、積雪などによる氷床の質量の増加と、表面の融水流出による損失が考慮されます。研究者たちは、2019年に氷床表面の物質収支は約3,200億トン減少したと述べています。同時に、表面の質量は約500億トンの氷を得ていました。 1981年から2010年までの平均増加量は、年間約3,750億トンの氷でした。

氷山が海に突入する際に、氷のシートが数千億トンの氷を失うことにより、質量の増加は相殺されました。 2019年に大量の氷が失われた主な理由の1つは、異常に長期間にわたってグリーンランドに広がっていた高圧状態と関係しています。これらの高圧条件により、グリーンランドの南部での雲の形成が妨げられ、晴天の日が多かったようです。

澄んだ空は日光を多くもたらし、氷のシートの表面を溶かしました。雲がないということは、降雪が少ないということでもあります。科学者たちは、通常は氷から放射される閉じ込められた熱で暖かく湿った雲を形成し、小規模な温室効果を生み出していたと述べます。 2019年の夏はこれらの複合的な影響により、記録管理が開始されて以来、グリーンランドの地表からの年間最大の氷床の質量損失につながりました。

コメント