シトロエンのEV 「Ami」が月額20ユーロで

シトロエンは、排出量なしで、2人連れで町中を行くように設計されたAmiと呼ばれる新しいEVを披露しています。 100%電気自動車は、同社がAmi One Cで始めた仕事の累積だとシトロエンは述べました。 Amiは実は、シトロエンが1961年から1976年まで生産していた小型車で、アミとはフランス語で「友達」という意味をもちます。

このAmiは、ヨーロッパでは運転免許証なしですべての人が利用できると言います。ユーザーは車を購入する必要はありません。カーシェアリングサービスFree2Moveを介して必要なときにアラカルトサービスが提供されます。長期レンタルが必要な場合は、19.99ユーロからレンタルできます。

Amiは、長さ2.41m x幅1.39m x高さ1.52mの非常に小さくてコンパクトで、最小回転半径は7.20mで、街の運転や駐車が容易になります。車内にはヒーターも付いていて、密閉空間になるので風雨から保護されます。車は免許証を必要としないので、フランスでは14歳、他のヨーロッパ諸国では​​16歳の人がアクセスできます。

前述のとおり、長期レンタルオプションの費用は19.99ユーロです。最初の支払いは2,644ユーロで、フランスでは900ユーロ相当のエコカーボーナスが差し引かれます。レンタルではなく購入するには、VATを含めて6,000ユーロです。小型の車両には、大型のEVと比較して小さなバッテリーパックが搭載されています。

最高速度は45 km、一度の充電で最大70 km走行できます。通常の220Vコンセントを使用すると、フル充電には3時間かかります。車のサイドウィンドウは2 CVのように上方斜めに傾き開閉します。インテリアにはスーツケースを収納でき、後部には収納スペースがあります。Amiは、混雑した都市部に住む人々を対象とした風変わりな乗り物です。

コメント