2021年モデルMercedes-AMG 「GLE63 S Coupe」発表:“SUVは退屈”という考えはもう古い

Mercedes-AMGが、2021年モデルのMercedes-AMG GLE63 S Coupeを発表しました。603hpの驚異的なパワーとともに、予想外のオフロード性能を備えています。AMGはEQ Boostを組み合わせた4.0L V8ツインターボを投入し、通常のGLE63 Sと同様に時速0→60マイル(0→96km/h)加速3.7秒をマークしています。このSUVは見た目の大きさとは裏腹に、素晴らしいパフォーマンスを秘めています。

最高時速280km! 細部まで空力に配慮したデザイン

「Coupe」特有のなだらかに傾斜したルーフラインに目を奪われる。

GLE63 S Coupeは2,500~4,500rpmで627lb-ft(850Nm)のトルクを発揮し、最高時速174マイル(280km/h)に達します。そのパワーの多くは、MercedesのEQ Boost(48ボルトのマイルドハイブリッドシステム)によるもので、最大184lb-ft(250Nm)のトルクと21hpを発生します。

フルサイズSUVながら非常にスポーティなデザイン。赤いブレーキキャリパーがまぶしい。

AMG専用のハイグロスクロームのグリルと、ジェット機の翼を彷彿とさせるフロントバンパーが印象的です。フロントのスプリッターはシルバークローム仕上げで、エアインテークはブラックアウトされています。 ホイールアーチフレアはボディと同色ですが、サイドスカートやミラーは色分けされています。ホイールはAMG仕様の22インチが標準装備です。

リアに回ると、ブラックのディフューザーにシルバークロームのトリムが施されています。スクエアな4本出しマフラーを囲うディフューザーの形状を見るに、この車が空力を考慮して設計されていることが分かります。オプションでAMGナイトパッケージが設定されており、これを選ぶとフロントスプリッター、フロントとリアのバンパートリム、サイドスカート、ミラーキャップ、窓周りのフレームをブラック仕上げに変更できます。また、マフラーパイプもハイグロスのブラックとなります。

パワートレインだけでなく、ディフューザーやランプなどの形状も変更された。

エンジンはドライバーのあらゆる欲望を満たしてくれるでしょう。Mercedes-AMGは、より高い性能を発揮するために、ツインターボをV型8気筒エンジンに搭載し、9速AMG SPEEDSHIFT TCTトランスミッションおよびAMG Performance4MATIC+全輪駆動システムと組み合わせています。速度にあわせてハンドリングの応答性が変わるスポーツステアリング(調整可能)を備えています。また、標準装備のAMG RIDE CONTROL+エアサスペンションにより、 GLE63 S Coupeの車高を自動で調整したり、より難易度の高い地形での走行にも対応します。走行モードには「Trail」「Sand」「Sport」「Sport+」「Comfort」「RACE」の6種類が用意されています。

さまざまな地形に対応しているとはいえ、この車を躊躇なくオフロードへ持ち込める人はそういないのではないか。

2021年モデルのGLE63 S Coupeは、ハイパフォーマンス、オフロード性能、ラグジュアリーの3要素を揃えています。トランスミッションはダブルクラッチを備えており、スポーティな走りに対応した変速も可能ですが、クルーズ時にはグライドモードに切り替えて経済性を高めることもできます。エンジンは不要な燃料消費を減らすために、8本のシリンダーのうち半分を自動的に停止させる機能を備えます。AMG Active Ride Controlのボディ制御は、コーナリングでは踏ん張りを効かせてロール(傾き)を抑制し、反対に悪路を走行するときには揺れや振動を吸収します。

アルミやナッパレザー、カーボンなどの素材を駆使して高級感を演出。色気たっぷりのアンビエントランプもドライバーの満足感を高める。

インテリアも高級感が漂う仕上がりです。AMGのロゴが付いた特別なナッパレザーがスポーツシートを覆っています。ナッパレザー以外にもオプションで素材を選ぶことができます。AMGのパフォーマンスステアリングホイールは、レザーとマイクロファイバー、そしてアルミ製のパドルシフトという贅沢な組み合わせ。走行モードを選択できるボタンもステアリングに備わっています。

日本での発売時期・価格は未確認だが、現行モデルは935万円から販売されている。

センターコンソールには、3ステージESP、マニュアル変速モード、アダプティブダンピングシステム、AMGパフォーマンスエキゾーストシステム、車高調整のためのスイッチ類が並びます。その他、ブラッシングされたステンレス製のスポーツペダル、ドアシル、調光機能を備えたアンビエントランプを、カーボンファイバー製のトリム部品とともに施しています。また、Mercedesの最新インフォテインメントシステムであるMBUXも、AMG専用ディスプレイとともに標準装備しています。

2021年モデルのMercedes-AMG GLE63 S Coupeは、2020年秋に北米で発売される予定です。価格は発売間近に公表されるようです。 大型SUVに美しいボディラインを求めているのであれば、検討すべき1台と言えます。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント