フォード 高性能オフローダー「ブロンコ・ラプター」のエンジン性能が明らかに

今夏から納車開始予定のフォードの人気オフローダー「ブロンコ」の高性能モデル「ブロンコ・ラプター」の性能数値が明かされました。他のブロンコよりも明らかに燃費では劣りますが、フォードCEOのJim Farley(ジム・ファーレイ)氏のTwitter投稿によると、新型ブロンコ・ラプターは最高出力418hp、最大トルク597Nmを発揮するそうです。

ファーレイ氏は、Twitterでブロンコ・ラプターのビジョンを「Ultra4レーシングにインスパイアを受けた、高速オフロード&極限のロッククローリング用に作られたブロンコです。最高出力は400hpをターゲットとしていましたが、公式数値は最高出力418hp、最大トルク597Nmです!」というコメントを砂漠でドーナツターンを披露するブロンコ・ラプターのGIF画像と共に投稿しました。

このニュースは、ロイターが5月24日に報じた、フォードが特定の車種の燃費基準を偽って宣伝し、米国40州とワシントンDCに1920万ドルを支払う約束をしたとする報道とほぼ同時期に発表されました。この報道では、フォードは燃費評価や積載量に関して顧客を誤解させたとは考えていないとしています。

米エネルギー省の燃費情報ウェブサイトでブロンコ・ラプターの複合燃費を他のブロンコと比較してみると、ブロンコ・ラプター 4WDがブロンコ 4WDより3MPG(約1.3km/l)、F12ラプター 4WDより1MPG(約0.4km/l)燃費の面で劣ることが分かります。そもそも、ラプターなどのオフロード車を検討している人にとっては燃費は最大の関心ごとではない可能性が高く、約束されていた400馬力を上回るエンジン性能数値の方に興味を寄せるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。