スバル『インプレッサ』最新モデル 希少な全輪駆動車 米国発表

スバルは、米国で販売する『インプレッサ』の2022年モデルを公開しました。価格は18,795ドル(206万円)からとなっており、引き続きセダンと5ドアハッチバックが設定されています。これまで同様、インプレッサは米国内の小型乗用車で唯一、全車に全輪駆動を標準装備しています。

2022年モデルのインプレッサでは、「ベース」、「プレミアム」、「スポーツ」、「リミテッド」の4つのグレードを展開。トランスミッションは、マニュアル・トランスミッションとリニアトロニックCVTが用意されており、CVT搭載車には運転支援技術「アイサイト」が標準装備されます。

スバル『インプレッサ』 2022年モデル(米国仕様)

運転支援機能としては、自動緊急ブレーキ、スロットルマネジメント、レーンキープおよびレーンディパーチャー、ふらつき警告、先行車発信アラームなどがあります。また、CVT車には、子どもをクルマの後部座席に置き去りにすることを防ぐ「リアシートリマインダー」が搭載されています。

ボディカラーには新色「サファイアブルーパール」が追加され、インテリアはブラックまたはアイボリーを設定。エンジンは、2.0L 4気筒BOXERエンジンを標準搭載し、最高出力152hp、最大トルク20kg-mを発揮します。スバルによると、燃費はEPA高速道路モードで15.3km/lを達成し、ガソリンタンク1杯で720km以上走行できるとのこと。

セダンの価格は18,795ドル(206万円)から、5ドアハッチバックは19,295ドル(212万円)からとなります。プレミアムグレードでは、セダンが22,195ドル(244万円)、5ドアが22,695ドル(249万円)から。パワームーンルーフやブラインドスポット、レーンチェンジアシスト、プッシュボタンスタート、パワーシートなどを追加するオプションパッケージは、1,970ドル(21万円)からとなります。

スポーツグレードは22,995ドル(253万円)から。リミテッドグレードは26,395ドル(290万円)からで、こちらは5ドアのみが設定されています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント