全身真っ黒のトヨタ『プリウス』 人気の特別仕様車、北米発表

トヨタは、北米で展開している複数の車種で、黒一色の特別仕様車「ナイトシェード(Nightshade)」を発売しています。北米のユーザーにとても人気がある仕様ですが、今回新たに加わったのはハイブリッド車の『プリウス』。ブラックホイールやブラックバッジなど専用の装飾が施されており、やや過激な雰囲気を演出しています。

プリウス・ナイトシェード・エディションのパワートレインは、1.8L 4気筒のハイブリッド。前輪駆動と全輪駆動(AWD-e)、ボディカラーはミッドナイトブラックメタリック、スーパーホワイト、シルバーメタリックの3色から選ぶことができます。

トヨタ『プリウス・ナイトシェード・エディション』

ブラックのヘッドライトアクセント、ミラーキャップ、ドアハンドル、リアスポイラー、シャークフィンアンテナが装備されています。ホイールは、5本スポークの17インチアルミ(前輪駆動モデル)と15インチアルミ(全輪駆動モデル)を採用し、ナットも含めてブラックで統一しています。

インテリアでは、運転席と助手席に「ソフテックス」素材のシート(ヒーターおよび電動アジャスタブル機能付き)を標準装備。センターコンソールにはセミグロスブラックを採用するなど、内外装ともにブラックにこだわっています。

プリウスは、ナイトシェードシリーズに加わる最初のハイブリッド車で、ダークなスタイルでありながら低燃費と低排出ガスを実現しています。トヨタによると、プリウス・ナイトシェード・エディションは今年の秋に北米で発売される予定で、価格は発売日近くに発表されるとのことです。

限定車になることは示唆されておらず、おそらく、控えめな価格のオプションパッケージになると思われます。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント