どうなるスマートウォッチ市場!現状はAppleの一人勝ち、他社の戦略は?

昨年のパンデミック以降、個人のフィットネスや健康への関心が高まっていることを考えると、スマートウォッチの売上が大幅に増加したことは、不思議ではありません。健康やフィットネスを重視し、人命救助の実績もあるApple Watchが、2021年の第1四半期まで市場をリードし続けていることもうなずけます。そして、GoogleのWear OSも、Samsungとの提携がうまくいけば、これからの四半期でようやくブレークするかもしれません。

コロナ禍により市場全体が前年同期比35%成長

昨年の第1四半期と比較すると、スマートウォッチ市場は前年同期比で35%成長しています。カウンターポイント・リサーチ社は、その原因については指摘していませんが、この12ヶ月間に起こった世界的な出来事から、その傾向は容易に想像できます。人々は個人の健康に対する意識を高めており、不整脈や血中酸素濃度を検出できるスマートウォッチは、消費者の間で特に人気があります。

カウンターポイント・リサーチ社は、どのブランドやプラットフォームがその市場をリードしているかに注目しています。繰り返しになりますが、Apple Watchが依然としてリードしており、シェアを3%も増やしていることも驚きではありません。Samsungの出荷台数は増加しましたが、それでも全体の市場シェアの一部を失うことになりました。HuaweiはSamsungより上の2位に位置していますが、予想通り数字は減少し続けています。

Wear OSスマートウォッチへの関心や出荷数が増加する可能性

プラットフォームの面では、Wear OSはほとんど存在感を示していませんが、それも間もなく変わるかもしれません。市場調査会社は、Wear OSがSamsungのスマートウォッチ用OS「Tizen」を統合することを最近発表したことを指摘し、このような提携によってWear OSスマートウォッチへの関心と出荷数の両方が増加する可能性があると指摘しています。また、Samsungは、将来のGalaxy Watchが、より多くのAndroid携帯電話にアクセスできるようになるため、このことから利益を得ることができます。

Googleは、Fitbitの買収を進めていることもあり、多くのカードを使っています。Fitbitは、フィットネストラッカーで有名ですが、スマートウォッチの一部にも独自のカスタムOSを採用しています。それらが最終的にWear OSを搭載するかどうかはまだ定かではありませんが、もし搭載されれば、このチャートにおけるGoogleのセクションは大幅に増える可能性があります。

コメント