フォード、新型のNASCAR参戦車両発表 2022年シーズンに投入

フォードは、長年にわたってNASCARカップ・シリーズに参戦しています。2019年から『マスタング』が同シリーズにデビューし、最初の2シーズンはそれぞれ10勝以上(2020年の18勝)を挙げるなど大いに活躍しました。今回、フォードは2022年シーズンに投入する次世代型マスタングを公開しました。

2022年のNASCARカップ・シリーズに参戦予定のフォード『マスタング』

フォードによると、新型では市販モデルのアーキテクチャーのほとんどをキャリーオーバーしているといいます。ラック&ピニオン・ステアリング、独立式リアサスペンション、18インチタイヤなどは市販モデルのマスタングから流用するとのこと。新型は、2022年2月20日に開催されるデイトナ500でデビューします。

フォードはこの2年間、新型レーシングカーの開発に取り組んでおり、先代モデルとは全く異なる、全面的な再設計を行っているとのことです。これまではエクステリアの変化が主に目立つポイントでしたが、今回は特に柔軟性と未来性を考慮して開発されており、ハイブリッドや電動パワートレインなどにも対応できるようになっています。

NASCAR用の次世代型マスタングの開発は、ミシガン州ディアボーンのデザインセンターと、ノースカロライナ州コンコルドにあるフォード・パフォーマンス・テクニカル・センターで行われました。ノースカロライナの施設ではスケールモデルの製作と空力開発、テクニカルセンターではフルモーションシミュレーターを使った開発が続けられているといいます。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント