世界に1台のハイパーカーが破損?約2億円のSSC『トゥアタラ』 運搬車が転倒

世界最速の市販車を目指すハイパーカー、SSC『トゥアタラ』が先月、自動車運搬車の事故で大きく損傷したとの情報が入ってきました。約190万ドル(2億円)のハイパーカーですが、今のところ世界に1台しか製造されていない希少な車両です。

この車両は、米ユタ州での最高速度記録走行のために自動車運搬車に積まれていましたが、強風のために運搬車が横転し、大きなダメージを受けたとのことです。本格的な生産には入っておらず、テスト用の1台しか存在しないため、SSCは修復を行うと表明しています。

市販車最速を目指しているSSC『トゥアタラ』

トゥアタラについては以前、最高速度532km/hを記録した動画が公開されましたが、内容に問題があるとして批判が集まり、最終的には再度テストを行うことになりました。昨年12月、2回目の最高速度記録に挑戦しましたが、オーバーヒートを起こしてしまい、テストは中止されました。今年1月にもテスト走行を行ったものの、記録は455km/hにとどまりました。

報告によると、トゥアタラはソルトレイクシティの北にある州間高速道路15号線を輸送中、強風のために運搬車がひっくり返ってしまったといいます。ボディパネルに大きな損傷を受けたものの、重要な構造部分への被害は少なく、SSCは修復可能と判断したようです。

SSCのCEOであるジャロッド・シェルビーは、修復は順調に進んでいると述べています。どうやら、トゥアタラの心臓部である1,750馬力のツインターボV8は無事なようです。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント