子供の車内放置を防止 ヒュンダイ、米国で警告システム標準装備

韓国のヒュンダイとその高級車ブランドであるジェネシスは、米国道路交通安全局(NHTSA)と米国運輸省(DOT)が毎年実施している小児の熱中症予防キャンペーン「Look Before You Lock」に賛同し、後席の乗員に関する警告システムを標準装備すると発表しました。

Look Before You Lockでは、クルマの後部座席に取り残された子供やペットの熱中症対策を目的としたものです。NHTSAの調査によると、子供は体温が41度に達すると命の危険があり、外気温が20度程度でも車内温度は46度以上になるといいます。

ヒュンダイの北米部門で車両安全性を担当するブライアン・ラトゥーフは、「お客様を守り、道路をより安全にするためのセーフティーシステムを開発する中で、夏の到来と小児の熱中症予防に注目しました」と述べています。

同社が採用するリア・オキュパント・アラート(ROA)では、エンジン始動時にリアドアの開閉を自動的に検知し、走行後はセンターディスプレイにメッセージを表示することで、ドライバーに後部座席の確認を促します。

ROAは、ヒュンダイが北米で販売する『パリセード』、『サンタフェ/サンタフェHEV』、『ソナタ/ソナタHEV』、『エラントラ/エラントラHEV』、および2022年発売の『ツーソン』に標準装備されます。ラトゥーフは次のようにコメントしています。

「ヒュンダイに搭載されている独創的なROA技術は、ドライバーが夏場の車内温度の危険性を知らなかったり、考えが及ばなかったりする場合に警告を発し、尊い命を救うことができます」

一方、同システムを強化し、超音波センサーにより後席の子供やペットの動きを検知すると、クラクションを鳴らして、コネクテッドアプリの「ブルーリンク」からスマートフォンに警告を送信するシステムも展開しています。このシステムは、ジェネシス『GV80』、『G80』、およびヒュンダイの全ラインナップにオプション設定されています。

子供やペットをクルマに残してその場を離れると、怪我や死亡事故につながる可能性があります。ROAの有無にかかわらず、クルマを離れる前やロックする前には必ず後部座席を確認する習慣をつけたほうがいいでしょう。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント