完全に3Dプリンターで作られた家にオランダ人カップルがお引っ越し

オランダ人のエリゼさんとハリーさんのカップルが完全に3Dプリントされた家に引っ越しました。岩のような形をしたこの家は、3Dプリント技術で作られた耐力壁を持つ、法的に居住可能な物件です。この家は非常にハイテクで、玄関には従来の鍵がなく、アプリを使って解錠しています。

従来の方法では難しい建設も可能に

この家は貯蔵庫のような雰囲気を持っており、「安全な感じがするし、美しい」と2人は話します。この家が建てられた岩の形は、従来の方法では建設が難しく、費用もかかります。この物件は、Saint-Gobain Weber Beamixという建設会社が、オランダのアイントホーフェンと呼ばれるボスリク郊外のベアトリクス運河沿いの土地に計画した5つの住宅のうちの最初のものです。

3Dプリンターで作られたこの住宅は、94平方メートルの居住空間を持ち、3Dプリンターのノズルを使って作られた耐力壁を持つ、法的に居住可能で商業的に貸し出された住宅です。この住宅は、アイントホーフェン工科大学とVesteda社が共同で進めている「Project Milestone」の最初の完成品です。当初、この住宅は2019年に完成して賃貸できる予定でした。しかし、外壁の張り出しを含む建築家の設計に課題があり、遅延の原因となっていました。

ノズルを備えたロボットアームを使用

この住宅の3Dプリントには、ホイップクリームのような質感を持つ特定の配合のセメントを押し出すノズルを備えた大きなロボットアームが使用されました。建築家の設計通りにプリントされた構造体は、何層にも重ねられて強度を増した壁となりました。

構造体を見てみると、表面の見え方に若干の違和感があることがわかります。作業後にノズルを交換した部分は、壁の模様が変化しています。この住宅は、工場で段階的に印刷された24個のコンクリート部材が、トラックで建築現場に運ばれ、基礎の上に置かれています。屋根や窓枠は現地で取り付けられました。

コメント