ブルーのアクセントが渋い!マンソリー、フェラーリ「812 GTS」のチューニングカー発表

ドイツの自動車チューニングメーカー、マンソリー(Mansory)は、フェラーリ「812スーパーファストGTS」をベースにした『スタローンGTS(Stallone GTS)』を発表しました。ブルーのアクセントが効いたデイトナグレーのハイパフォーマンスモデルで、V12エンジンから最高出力830馬力を発揮します。

マンソリーによると、スタローンGTSは「オープントップドライビングの最高の要求に応えるスパイダー」であり、「洗練された最高の素材を使って作られている」といいます。

マンソリー『スタローンGTS』

ボディの大部分を占めるのはカーボンファイバー。特徴的なフロントバンパー、サイドスカート、新形状のリアディフューザー、巨大なリアスポイラーなど、レーシーなスタイリングとなっています。

また、フロントフェンダーにエアベントを追加しているほか、空力的に最適化されたウイングミラーなども採用。標準のフェラーリ812 GTSのハードトップはそのままに、走行中も時速45km以下であれば約14秒でルーフを開閉できます。

マンソリー『スタローンGTS』

ボンネットの下には、最高出力830馬力、最大トルク740Nmを発生する6.5L V12気筒エンジンが搭載されています。エレクトロニクスに手を加えることで、41馬力のアップに成功。このパワーは7速デュアルクラッチを介して後輪にのみ送られます。また、のスポーツエグゾーストシステムを搭載し、アグレッシブなサウンドを実現しています。

その他のアップグレードとしては、フロント(9.5J×21)とリア(12J×22)のスーパーワイドなハイパフォーマンスタイヤを装着した軽量鍛造ホイール「YN.5」などがあります。

内装では、アルミ製パドルシフト付きのスポーツステアリングホイールや、ホワイトとカーボンをアクセントにしたブルーのレザーインテリアを採用。さらに、イルミネーション付きのドアシルパネルや、シートにはマンソリー独自の刺繍ロゴが施されています。

意外なことに、パフォーマンスは標準のフェラーリ812 GTSと同等です。それでも、0-97km/h加速2.8秒、最高速度は345km/hに達します。価格は公表されていませんが、812 GTSの価格が4,500万円以上であることを考えると、6,000万円近い金額になるのではないでしょうか。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント